探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

親が干渉してくる。私もう30代で、いいオバサンなんですけど

2018.8.29

親の干渉が止まらない。
いつまでたっても、いちいちいちいちアレコレ言ってくる。
私、30代で世間的にはいいオバサンなのに、どうしてこうもアレやコレや口出ししてくるのでしょうか?

過干渉する母親は、自分がしていることが子供の幸せであると信じて疑わない部分があります。

ですから、少しでも異論反論言おうものなら、逆ギレもいいとこ。
『あなたのためを思って!』の押し売りです。

毒親の一言で片付けるのは簡単ですが、この問題は母親と娘の数だけ種類があり、マニュアル通りには解決しないのです。

『あなたのため』という名の『お母さんのため』の干渉にもう、付き合わなくてもいいのです。

あなたの人生にフォーカスを当てて、お母さんとの付合い方を見直してみましょう。
あなたが疑問に思っていることは、正しいのです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

一人暮らしの部屋を変えよう!モテる男部屋にするために

男性の一人暮らしの部屋はどうしてもごちゃごちゃして、とても人なんて呼べない状態になってしまいますよね...

マンションの騒音!子供の声や足音などの対処法!

マンションのトラブルで多いのが騒音ではないでしょうか。 子供を持つ親は特に気になると思います。...

パチンコやパチスロのやめ方とは?ギャンブル依存症について

パチンコやパチスロをやめるには、いったいどうしたらいいのでしょうか? 行ってはいけないと思って...

毎日、毎日つまらない。主婦は家事だけ?そんなことないよ!

毎日つまらない…。 なんて主婦の口から、よく聞きますが、主婦でも職業婦人でも独身でも、つまんないと...

町内会の役員をお願いされた時に、上手に断るには

住んでいる地域に必ず町内会はありますよね!そして順番と言って役員のお願いが回ってくのも定番です。 ...

結婚後の夫婦のお財布はどうしてる?生活家計事情をさぐる!

夫婦のお財布事情はお互いに把握できていますか?そう聞かれたらきちんと答えらる人の方が少ないのではない...

靴がボロボロの女の心理状態は?履いている靴でわかる女性の心理

洋服には気を使っていつもおしゃれな格好をしているけど、靴にはそこまで気を使っていないという女性もいま...

父親と息子が不仲になるのは父親をライバル視し始めているから

父親と息子が不仲になるのにはどんな理由があるのでしょうか? そのようになってしまった時、母親は...

上階の騒音に困っている!報復はするかしないか。対策方法

マンションやアパートでの生活で、苦情としてあげられるのが騒音問題です。 そしてやはり上階に住ん...

旦那のお弁当箱の容量に悩む方へ…。これを基準に考えよう!

お弁当箱を買いに行くと、いろいろなタイプがあり、容量もさまざまです。 これだと少ないかな、これ...

管理会社へクレームを!賃貸物件の入居者へ、その方法を紹介!

賃貸物件に住んでいると、隣人の騒音などクレームを伝えたい事ありますよね? 管理会社にクレームを伝え...

電車での荷物は床に置く?それとも網棚?電車マナーについて

電車でのよくある目にする光景に、荷物で座席を占領していたり、床に荷物を置いている人を目にすることがあ...

ピアノを両手で上手く弾けない。試してほしい両手練習の方法

ピアノを始めて、右手だけの時は上手に弾けるのに、左手もつけて両手の演奏になると上手に弾けないと感じて...

ボールペンの汚れを消す裏ワザが知りたい!こんな方法で!

色んな場面でボールペンは使いますが、気が付くとボールペンの汚れが机や壁や洋服に付いたいた!ということ...

仕事に家事に疲れた私…みんなも同じ?これいつまで続くのかな…

仕事に家事に育児に介護…世の中の女性はみんな疲れ切っています。 疲れたを通り越してもうくたくた...

スポンサーリンク

親が干渉する。30代でも続いている過干渉はこの先一生、続きます。残念!

親の過干渉で悩んでいる人はいませんか?

でも、きっと大学生になって、社会人になって、一人暮らしをして、そしてさすがに結婚したら、親の過干渉はなくなると思っている人が多いと思います。

そんな人に、残念なお知らせです。

それは、過干渉の親はこれからもずっと変わらないという事です。
子供が大学生になっても、社会人になっても、一人暮らしをしても、結婚をしてもです。
子供が30代でも、まだ過干渉の親もいるのです。

親に変わってほしくてどんな努力をしても無駄なのです。

それは、過干渉の親は自分がやっている事は正しい事を思っているから。
そしてそれは愛情があるからこそと思っているのです。

その事で、自分の子供を苦しめているなんて全然思っていないのです。

残念ながら、これが現実なのです。

親の干渉が続く…。30代になっても子離れできない親

親の過干渉が続くと、子離れできなく、そして親離れできないなんて事になってしまうでしょう。

まず、過干渉とはどんな事なのでしょうか?

過干渉とは過保護とは違います。

  • 過保護

子どもを甘やかしすぎて好き放題させる事で、自信や自己愛が肥大化してしまいます。
それが原因で、いじめや、不良行為、また、DVやパワハラするような人になってしまう事も。

  • 過干渉

子どもが望む前に手伝う、また、失敗しそうなことを先回りして回避させ、自我の発達の芽を摘んでしまいます。子どもをコントロールして、親離れも子離れできないようになってしまうのです。

このような違いがあります。

過干渉の親は、指摘されても子供の心配をしてどこがいけないのかと言うのです。
そして、子供を干渉し続け、子離れできない親と、親離れできない子になってしまうです。

親の干渉から逃れられない。仕事も恋愛もイマイチな30代の私…。

過干渉の親に育てられて人は、自立というものがわからない事もあるでしょう。

それは、過干渉の親に、自立を阻害されたからです。

親の機嫌を伺ってなんでも決めるようになったり、私ってどんな人だったのかな?なんてわからなくなってしまう事もあるでしょう。

そして、親の考え方が正しいとすりこまれ、自分が悪いと思うようにもなってしまうのです。

このように過干渉の親に育てられてきたら、周囲の人に気を使いすぎてしまうようになるのです。

大人になって、仕事も恋愛もうまういかないで悩んでいるのなら、まずは子供の頃にガマンしたこと、そしてなかなか言いたくても言えなかった事を思いだしてみてください。

蓋をしていた自分の心を開けてほしいのです。
勇気が必要になるかもしれませんが、こうする事で心の中に変化が現れてくると思います。

自分の価値観は絶対と思っている母親。自分の意見を持たせてもらえなかった私。

母親の価値観がとても固まっているのなら、その親に育てられた子供は、自分の意見も聞き入れてもらえなくて、とても窮屈な生活になってしまうのではないでしょうか?

子供の考えが自分にはないと思ったら、とても嫌悪感を感じるので攻撃的になる親もいるのです。

子供が将来何になりたいかなんて聞きもしないで、公務員になりなさい、安定しているから公務員が1番いいなんていう親もいるのが現実です。

自分の価値観を子どもに押し付けるので、子どもは自分がやってみたい事をしたり、将来の夢に向かって努力するという日々を過ごせないのです。

このように、自分の価値観の中で子どもを育てようとしている親もいます。
将来の夢なんて言っても、ムダなのです。意見を言ってもムダです。
全部否定されるでしょう。

子どもに、自分以外の価値観が入ってほしくないので、子どもを干渉するようになってしまう親もいるのです。

あなたの母親はどのタイプ?

あなたの母親は、どのタイプに当てはまりますか?

  • 価値観が違う

母親と価値観が違うと、自分らしく生きられないような感じがしていませんか?
母親が決めたルールを守らないと、機嫌が悪くなったりするなんて事あるでしょう。

  • 干渉する

面倒見のよい母親と思われるかもしれませんが、これがすぎると、子供の重荷になってしまうでしょう。
大学生になって一人暮らしをしても、まだ子供の事が気になって、世話を焼いてしまう人もいます。
自分が子供の重荷になっているなんて思ってもいないのです。

  • 比較する

自分ができなかったことをすべて成し遂げる子供に、嫉妬している親もいるのです。
真面目に一生懸命頑張ってきた自分を超えて、幸せになっている子供を妬んでいる人もいますよ!

  • 依存してくる

子供が受け入れてくれるという甘えがあるのでしょう。
なので依存したり、愚痴を言ったりするのです。
自分が犠牲になったことを理由にして、わがままを言ったりもするようです。

 - 生活