探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

家電を値引き交渉したいなら「まとめ買い」がおすすめ!

2018.9.1

冷蔵庫や洗濯機といった白もの家電は値段が高いですし、できるだけ安く購入したいものです。

もし値引き交渉したいのであれば、「まとめ買い」をしてはどうでしょうか。

同じ家電量販店でまとめ買いすることで、値引き交渉率もアップする可能性が高くなります。
また、まとめ買いは値引き交渉だけでなく、購入や配送の手配が一度で済むというメリットもあります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生が服を着まわすなら○種類必要!女子にモテる服とは

大学生になったらおしゃれをして女子にモテたい!と思っている男子は多いでしょう。 しかし、大学生...

洋服屋の店員が話しかけてくるのが苦手!その対処法とは

洋服屋にちょっとフラッと入った途端、店員さんからグイグイ話しかけてくることってありませんか? ...

食費を2万円で2人分をまかなう!色んな節約術がありました

2人で食費を2万円に抑えることは出来るのでしょうか。 1人あたり月1万円の計算になりますが、やって...

お金を使うことに罪悪感が…。お金を使う時にはポジティブに

お金を使う時に罪悪感を感じてしまったり、ネガティブな感情を抱いてしまうことはよくないようです。 ...

ネットでの買い物を安全にするために注意すべきポイント!

ネットで買い物して詐欺にあってしまったという話も最近ではめずらしくなくなりました。 どうすれば...

マンションのインテリアを北欧にしたい!オススメやポイント

マンションでも、おしゃれな北欧インテリアを取り入れることで、より居心地の良い家作りができますよ。 ...

スポンサーリンク

家電を値引き交渉するならまとめ買いをすること!

家電量販店の店員さんには、ノルマがあります。明確に売り上げ高が数字として現れるので、時期によってはノルマ達成にかなり苦労しているようです。

お客さんはチラシなどを参考に店舗を訪れ、実際に店頭で商品を見比べながら商品を選んでいきます。対応についた店員さんも、この商機を逃すまいと、あれやこれやとオススメポイントを並べてきます。
どうせ買う必要があるのなら、少しでも安く手に入れたいというのが、お客さん側の共通した心理ではないでしょうか?同じように店員さん側も、少しでも買ってもらえそうな気配を感じたら、なんとしてでも逃したくないはず。
そんな時は、どのような作戦を取るのでしょうか?

例えば、パソコンをそろそろ買い替えようと店舗を訪れた際、ただパソコン単品を購入するだけではさほど値引きしてもらえないでしょう。せいぜい消費税分や端数カットと言ったところでしょうか。

ところがこれにプリンターを同時購入するとしたら、話は別。売り上げノルマをクリアすることを考えたら、多少値引きしてでも多くの商品を購入してもらうことが非常に重要となってくるからです。

ようするに、まとめ買いをすることで双方にメリットがあり、値引き交渉もよりしやすくなるのです。

家電をまとめ買いして値引き交渉する際のポイント!

家電をまとめ買いするにあたって、抑えておきたいポイントがあります。それは、対応してくれる店員さんによっては、大幅に値引きすることが出来る権限をもっている人と、そうではない人がいるという点です。

具体的に言うと、大手の家電量販店には、まとめ買い時の交渉を専門にあたるスタッフを配置しているところもあります。売り場ごとに配置された担当者だけでは、管轄外の商品に対して大幅な値引きをすることが出来ない場合もありますが、まとめ買い専門のスタッフにはその垣根が存在しないので、値引き交渉も比較的スムーズにいきやすいのです。

また、最初からまとめ買いすることを前提にしている場合でも、まずはそれぞれの商品にたいしての値引き額を出してもらったうえで、「これ全部まとめて買ったら、さらに少しは安くしてもらえませんか?」と交渉してみることをオススメします。
店員さんも、せっかくのチャンスを逃したくないので、多少無理をしてでもさらに値引きしてくれる可能性が高いです。

値引き交渉前提で家電をまとめ買いする前に準備すべきこと

家電をまとめ買いすることを前提としているならば、実際に店舗に出向く前にやっておくべきことがいくつかあります。

家電を購入する際には欲しい商品の目星をつけておく

とくにこだわりがない場合は別ですが、店員さんにオススメを聞いた場合は、使い勝手よりも店側が売りたい商品を薦められてしまう恐れもあります。
その時期にオススメされる商品には、チラシに掲載された品も多く、すでにかなり大幅に値引きされている可能性が高いので、たとえ値引き交渉したとしても、それ以上下げてもらえないことも…。

家電の値引き交渉をする前に最安値を調べる

販売店によっては、「他店よりも高かった場合は、さらに値引きします!」と謳っているところも存在します。インターネットサイトなどで事前に商品の最安値を調べておくことで、店舗での価格交渉をする際の参考になります。

家電の値引き交渉は本当にできるの?

誰しも、同じ商品を買うのであれば、出来るだけ安くお得に手に入れたいと考えるものです。とくに家電は、金額的にかなり高額な買い物となる場合が多いため、少しでも安くしてもらえたら助かりますよね?
買おうかどうしようか迷っていると、店員さん側から値引きの提案をしてくれることもありますが、待っているだけではそう安くはなりません。

「家電を買う際に値引き交渉をしてみたいけれど、恥ずかしい」と思っている人もいるようですが、店員さんからしたら「高額商品を買ってくれるの可能性があるのなら、多少値引きしてでも買ってもらいたい」というのが本音のようです。

ただ、中にはいくらまとめ買いをしても値引き出来ない商品もあるようです。多くの家電量販店で取り扱われている携帯電話・ゲーム機・ゲームソフト・商品券・プリンター用インクや電球などの消耗品・雑貨などは、そのほとんどが値引き対象外である場合が多いです。

その代わり、数千円程度の家電でも、上手く行けばいくらかは値引きしてくれることもありますので、ダメ元でも交渉してみる価値はあります。

家電のまとめ買いは値引き交渉以外にもメリットがある!

店舗を訪れた際に、最初から店員さんに家電をまとめ買いするつもりである旨を伝えておくと、よりスムーズに買うことが出来ます。
店内は各フロアごとにそれぞれ店員さんが配置されており、それが混雑した週末ともなれば、手の空いている店員さんを探すだけでも一苦労だったりしますよね。欲しいものがいくつもあると、各売り場を見て歩くだけでも時間がかかるものです。

初めからまとめ買いする意思を伝えておけば、それなりの金額となることが予想されますので、対応した店員さんも一気に販売ノルマを稼ぐチャンス!懇切丁寧に商品の説明にも力が入るというものです。

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電ですと、たいていは後日自宅への配送となりますので、近いうちに買い替えを予定しているのであれば、一度にまとめ買いしてしまえば、配送も一度ですむうえに配送料も1回分で済むのでお得になります。

購入する際にも、直接別のカウンターへ案内されることが多いので、会計時の待ち時間も少なくて済みます。

 - ショッピング