探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

実家暮らしと一人暮らし。価値観の違いについて

2018.9.6

実家暮らしと一人暮らしでは、生活する、生きていくということに対しての価値観は、まったく違うものでしょう。

お給料が少ないので、実家暮らし。家賃がもったいないから実家暮らし。家から会社に通えるから実家暮らし。

すごーくよくわかります。でも、生活するって、家賃をもったいないと言っていたら成り立たないんですよね。
どんな暮らしを手に入れるかということが、大切なのではないのでしょうか?

経済的な価値観の違いで、実家暮らしと一人暮らしが変わってくると思いますが、実家暮らしは20代までにしておきましょう。

お金があってもなくても、実家からは出るべきです。実家からは巣立つのです。いつまでも、誰かの子どもでいてはいけませんよ。

年齢的には大人なんですから、自立しましょう。経済的な理由を言い訳にしていては、気づくとイタい大人になってしまいますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

営業の電話がしつこくて迷惑ならこんな方法を試してみて!

営業の電話!とにかく長々としつこい場合は本当に迷惑ですよね。 また明らかに悪質な営業電話も少な...

これが人生の試練なのか、どん底から這い上がる方法とは

何をやってもうまくいかない、なぜ自分だけこんな目に合わなくてはいけないのか、そんな人生のどん底に陥っ...

集団が苦手に感じる人は…自分を知って苦手を克服しよう

学校の中でも職場の中でも、毎日の生活の中で集団生活を避けることはできません。 しかし、集団やグ...

親が干渉してくる。私もう30代で、いいオバサンなんですけど

親の干渉が止まらない。 いつまでたっても、いちいちいちいちアレコレ言ってくる。 私、30代で世間...

保育園のママ友作りは「挨拶」から始めよう!

保育園で全くママ友ができず寂しい思いをしている方も多いのではないでしょうか。 幼稚園とは違いマ...

子供と大人が一緒のベッドで寝る時の転落防止策

子供と一緒に大人のベッドで寝ている方も多いのではないでしょうか。 そんな時、転落防止策はどうし...

旦那の給料はどちらが管理するべき?世間の家計管理を調査!

昔は、旦那の給料は専業主婦である妻が全て管理するのが一般的でした。ですが共働き世帯が増えた今では、だ...

人生の試練よ!スピリチュアル的に考えられることとは

人生の試練。 次から次へと、問題や事件、どうやって乗り越えていいのかわからないような状況に陥ること...

久しぶりに出したスーツがカビ臭い!実践して欲しいケアの仕方

普段スーツを着ない方は、しばらくクローゼットの中にスーツが眠っていますよね。 いざ着ようと思っ...

保育園が休みになることが多い警報が出た時の対応について

保育園にお子様を預けてママが一番困るのは、お子様の急なお休みですよね。 台風の多い季節になると、暴...

キッチンやシンク周りをDIY!100均グッズで簡単にできます

キッチンやシンク周りは、毎日使うのでオシャレにDIYしたいですよね! それなら!100均グッズで簡...

10ヶ月の子供の保育園、服装の基本を知って準備しよう

10ヶ月くらいもなると早い子は歩き初めようとします。 またハイハイやつかまり立ちをしたり、動き...

出来ればしたくない姑との同居!回避する方法

姑との同居に世の中のお嫁さんは「絶対無理!なんとしても回避したい」と思っている人は多いのではないでし...

jrに忘れ物をしたら問い合わせはjror警察署?疑問を検証!

jrを慌てて降りたら忘れ物をしてしまった!なんて体験はありませんか? すぐに気づけばよいのです...

その風邪はホント!?ドタキャンする友達の理由とは

風邪を理由に約束をドタキャンする友達っていますよね。 あなたも本当に風邪の時もあれば、実は嘘を...

スポンサーリンク

実家暮らしと一人暮らしでは、経済的な価値観に大きな差が出てくる

就職や進学を機に、実家を離れて初めて1人暮らしを始める人も多くなる春。

仕事の同期や友達の中には実家から通う人もいて、1人暮らしをしている人は「家に帰ったら家族がいていいな」とか「家賃がないからお金に余裕があっていいな」とうらやむこともあるでしょう。

確かに、実家から仕事に通うと家賃や生活費を払わなくて良いので、同じお給料でもその分を好きなものを買ったりできる余裕が生まれます。

しかし、自分の給料で1人暮らしの生活をまかなっているということは、自分でお金のやりくりを考えなければ生活ができないので、自然に経済的概念が身につきます。

お金に余裕があれば、特に使わないものなどを簡単に買ってしまうこともできますが、自分で生活費を考えていれば不要なものは買わない経済的な生活になり1人で生きていくという自覚も芽生えるため、実家暮らしの人より現実的な見方をする人が多いということが言えるでしょう。

経済的な面だけではなく、時間の面でもメリットがあります。

1人で時間を自由に使えるので、遊びに行ったり、帰る時間も自由。誰にも監視されない、自由な時間を使うことができるのが1人暮らしの醍醐味ではないでしょうか。

自身の健康が生活の糧なので、健康に気遣ったり、自炊したりと、1人暮らしの人の方がより現実的にしっかりと生きていける基盤が作れます。

実家暮らしか一人暮らし。どんな生活でもそれぞれにそれぞれの価値観がある

1人暮らしをしているということは、ほとんどの人が自分ですべて生活費をまかなっているということです。

そのような人たちは、お金の大切さを身をもって知っている人が多く、また自分の時間を楽しんでいることで周りからキラキラ輝いて見えるものです。

1人暮らしをしている女性で自分で楽しむことを知っている人に、人は引き寄せられるもの。

同性異性問わず、友達の多い人が多くないですか?

実家暮らしが悪いとは言いませんが、金銭面で親に甘えているという事実はたしかです。
出会いがあっても、相手が実家暮らししていると知ったら、女性も男性も「実家で暮らす理由」を知りたいという本音があるものです。

大人になって働いたら自立するのが当たり前に思っている人と、できるだけ甘えられるところは甘えたいという考えの違いが明らかになるのが、1人暮らしと実家暮らしと言えるのではないでしょうか。

実家暮らしの男性に対しては風当たりが強い…。一人暮らしの男性はしっかりとした価値観を持っていそうという印象が

いまや男女平等の考えが当たり前ですが、この1人暮らしと実家暮らしの問題では、実家暮らしの男性に対する風当たりが強いという現実があります。

いいなと思った男性が実家暮らしと知ったとき、女性の受ける印象としては「自立していない(頼りなさそう)」「マザコンっぽい」「家事とか出来なさそう」というマイナスのイメージがとても強いです。

やはり実家にいると、何も言わなくても母親がご飯を作ってくれたり、洗濯をやってくれたり、掃除をしてくれたりという王様のような生活をしているというイメージがあります。

自由にお金を使える分、金銭的感覚に不安があるという女性もいるようです。

付き合ううちはまだいいですが、結婚となると、金銭的感覚に違いがあると上手くいかないことも出てきますよね。

介護などやむを得ない事情で実家暮らしをしていない限り、女性は自立した男性の方に魅力を感じることが多いようです。

経済的な理由で実家を出られないという言い訳は20代前半まで

社会人になっても実家暮らしをしている人のことを「パラサイトシングル」と呼びます

なぜ、自分で生活しようと思えばできるのに自立しないのかという問いに対しては、「親がいるから家賃がかからないし、家事も母親任せで楽だから」と答える人がほとんどです。

確かに、お給料のほとんどを自分の趣味や娯楽、貯金に自由に当てられる生活は楽ですし、経済的にもメリットが大きいでしょう。

でも「いまの楽」を選ぶことで逃すこともあります。

それは異性との出会いが大きいです。

パラサイトシングルの生活にどっぷり浸かっていると、たとえいい異性が現れたとしても、現実的にいまの楽な生活から結婚生活を想像することが出来ず、チャンスを逃す人も多いそうです。

どうしても実家暮らしのイメージは自立していない=幼稚ということが頭をよぎります。
長く実家に暮らしていると親子で互いに離れられない関係になっている人も多く、その場合年齢を重ねるほど、依存度が高くなる傾向があります。

この先の将来を見据え自立を考えているのなら、少しでも早く行動に移したほうが良いでしょう。

どんなきっかけでも実家からは巣立つべき!

実家暮らしをしている人の中には、ただ楽をしたいからではなく貯金をするという目的がある人もいるでしょう。

人は、ぬるま湯につかっているうちは、なかなか冷たい外気のある外へは抜け出せないものです。

貯金も立派な目標ですが、自分の給料で自分の生活をすべてまかなうという自立した考えになるのは実家暮らしのうちは難しいです。

勇気を出して飛び込んでみると、自分の新しい一面が見えてきます。

今までやったことがない家事や炊事を自分の力ですることで、今までしてくれていた自分の親に感謝の気持ちが生まれますし、やりくりをしていくなかで生活設計を組み立てるといった経済的概念も生まれます。

自分で支払うことでお金の大切さも格段に上がりますし、光熱費にこんなにかかっていたんだと知ることで、もう少し減らすにはどうしようかと考える力も生まれます。

これらは実家で暮らしていては絶対に見えてこない部分です。

1人で生活をして始めて、将来の結婚生活も現実的に想像できます。

 - 生活