探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

スイミングスクールで子供が泣くのは当然です!理由や解決法

2018.10.21

スイミングスクールは子供の習い事として人気がありますね。

ですが子供が泣く、ずーっと泣きっぱなしというのは親としてもとても心配です。

子供が泣くのは当然のことといいますが、その理由とは?
ママと離れるのがイヤだったり、知らない人(コーチ)が怖かったり、水がイヤだったりと色んな理由があるのです。

でも子供が泣いても、まずはスイミングスクールのコーチに任せて大丈夫!
コーチは幼児や児童の心理学を勉強していることが多く、泣く子供相手のスペシャリストです。
安心してお任せしてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

保育園の登園時間は何分前までに到着すべき?逆算して余裕を!

保育園に預けるときいつも登園時間ギリギリになってしまうという方も多いのではないでしょうか。 そ...

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

子供が1歳になると、ある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。 しかし...

新生児から混合育児!ミルクを足す量や注意点について

新生児のうちは母乳が足りているのか?心配になるものですよね。足りていない時にはミルクと混合にする事も...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

小学校一年生は勉強する習慣を身に着けることが大事です

小学校一年生の勉強はひらがなや数字など基本的なことを学習することが中心ですよね。大人の私たちからする...

親の離婚が子供に与える影響は?子供に悲しい思いをさせないで!

両親が離婚をするとき、悲しい思いや辛い思いをするのは大切な子供です。 ですが、離婚しないという...

子供が高熱でピクピクする!痙攣を起こしたときについて

子供が熱を出したら心配で仕方がないですよね。 熱が高くなってくるとピクピクしたり幻覚が見えてい...

幼稚園で怪我をさせてしまった時のお詫びは早めに対応!

子供が幼稚園に通っていると、転んだりぶつかったりと怪我をすることはよくあります。 ですがお友達と遊...

いろいろと気を使う?小学校高学年の所見はこうやって書こう!

小学校の教師の皆さんは、所見を書くことで頭が痛いこともあるでしょう。とくに高学年にもなると、いろいろ...

人見知りの子供に習い事のオススメや克服するためにできること

人見知りの子供には小さいうちから習い事をさせた方が克服することができるのでしょうか? では、人...

箸の使い方を子供に教える時に気をつけることとポイント!

日本はお箸を使って食事をするのが主流ですね。正しい箸使いはできていますか? また小さい子供に、...

中学校の運動会にも保護者は必要?小学校との違いを調査!

子供が小学校の時には運動会を見に行くのが当たり前でした。 中学校の運動会も同じように保護者が見...

幼稚園行事の時下の子は連れて行く?下の子の幼稚園行事事情!

幼稚園の行事って思っているよりたくさんあるなぁ~と思うことはありませんか? そんな時に下の子が...

過保護・過干渉。そんな親に育てられた子どもの行く道とは…

過保護や過干渉と言う子育て。 最近、よく目にしたり耳にしたりしますが、具体的にはどのようなこと...

スポンサーリンク

スイミングスクールの体験コースで子供が泣くのは当たり前

小さい子供の習い事で人気のあるスイミングですが、実際に入会させる前に無料体験を実施しているところも多いようです。ママとしてはせっかく通わせるのであれば、少しでも楽しんでもらいたところですよね。
スイミングスクールの無料体験に参加するにあたっては、子供が泣いて嫌がるかどうかを入会の判断基準とする方も多いでしょう。

結論から言わせてもらえば、初めてのスイミングスクールで子供が泣くのはごくごく当たり前のことです。中には人見知りもなく、ママ以外でも誰でもOK!なお子さんもいますが、初めての体験で泣かない子のほうが圧倒的に少ないです。

大事なのは、泣いている我が子を前にした時の、コーチの対応です。全く意に介さず平然と笑顔で対応してくれていれば、ママとしても安心して見ていられますよね。
反対に、オロオロと明らかに動揺しながらあやしているような場合は、預けるのが心配になってしませんか?

子供が泣くのは、水が怖いからだけではありません。一番の理由は、大好きなママから引き離されてしまうことです。
その点、スイミングスクールのコーチはプロですから、泣き叫ぶ子供相手にも根気良く付き合ってくれます。

スイミングスクールで子供が泣く理由はある

初めてのスイミング体験では、大半の子が泣きます。子供なりにはさまざまな理由があるようです。

  • ママと離れたくない
  • 知らない人(コーチ)が怖い
  • 知らないお友達ばかりで楽しくない
  • 水着や水泳キャップを身につけたくない
  • 知らない場所に来たことが不安
  • 水に濡れたくない、顔に水がかかるのが怖い

普段とは明らかに違う状況に置かれると、大人でも不安になるものですよね。それが小さい子供でしたらなおさらです。しかし、これらの理由はママがどうにか出来るものではありませんので、すべては「母子分離のプロ」であるコーチにお任せすべきことです。

また、子供が泣く理由としてもうひとつ挙げるとすれば「ママの姿が見えているのに近くに来てくれないこと」にあります。我が子の様子が気になるのは当然ですが、ここはグッと堪えて子供から姿が見えないところに身を隠して少し様子を見てみるのもひとつの手です。
反対に、ママの姿が見えていれば安心できる子もいますので、状況に合わせて対応したほうが良いでしょう。

3歳の子供がスイミングスクールで泣く場合は

初めてのスイミング体験では、最初は訳が分からずにいたけど、他の子が泣いている姿を見て、一緒になって泣き出してしまったりすることも。ひたすら泣き続ける我が子の姿を見て、スイミングを習わせることを諦めてしまうママも少なくないハズです。

それが3歳くらいのお子さんともなると、はっきりと自分の意思が言える年頃ですので、一度怖い思いをした場所(プール)に連れて行くのも一苦労だったりしますよね。

では、子供にスイミングを習わせる目的とは何でしょうか?
体力をつけることや集団行動に慣れさせること、もしくは持病の喘息を改善するためといった場合もあるでしょう。
最初の時点で泣いてしまうのは仕方のないこととしても、何度か回数を重ねるうちに少しずつプール遊びの楽しさを覚え、すすんで通うようになることが多いようです。あくまで最初のうちは水に慣れさせることやプール遊びの楽しさを知ることが目的なので、親としても気長に待つことが大切です。

スイミングの良いところはこんなところ

スイミングを習うと身につくメリット

心肺機能の向上

水中においては胸部に水圧がかかるため、地上で同じ運動をするよりもより効率的に心肺機能を高めることが可能となります。また、スイミングは喘息の治療にも役立つと言われており、小児科医からのすすめでスイミングを始めるお子さんも多いようです。

体力がつき風邪をひきにくくなる

一般的なプールの水温は30度前後に設定されていますので、地上とは逆に水中で活動することによって短時間で体温が奪われてしまいます。体温を上げるためには、より多くのエネルギーを必要とします。
また、冷たい水が皮膚に多くの刺激を与え、これによって自律神経の働きを高めてくれるので、これを続けることにより風邪をひきにくくなるのです。

バランス感覚が鍛えられる

水中では浮力が働くことによって、さまざまな動きが可能になります。うまくターンするためには、水中でのバランス感覚が非常に重要となってきます。
三次元的な運動を取り入れることによって、バランス感覚とともに想像力も高めることが出来るため、しいては脳の神経系統の発達にもつながります。

ベビースイミングに持っていくものは?

昨今ではベビースイミングも盛んに行われています。中には生後4ヶ月ほどの赤ちゃんからを対象とした教室もあるようですが、ここで事前に用意したいグッズをいくつかご紹介します。

  • 水着と水泳キャップ
    赤ちゃん用の水着はかわいらしいものがたくさん販売されており、選ぶのも楽しみのひとつですよね。赤ちゃんのうちは女の子だけでなく、男の子にも上下つながったグレコタイプ(ワンピースのようなもの)を選ぶことをおすすめします。
    パンツタイプのほうが脱ぎ着もラクだし長く使えるのですが、肌が露出する面が多いので、最初のうちは不安がる原因にもなります。気になるようであれば、上にラッシュガードを着せてあげると良いでしょう。
    また、始めは水泳キャップを嫌がる赤ちゃんも多いので、事前に被らせて慣らしておくのも良い方法です。
  • 水遊びパンツ
    赤ちゃんに限らず、オムツ離れしていないうちは水着の下に水遊び用のパンツ(オムツ)の着用が義務づけられているところが多いので、忘れずに準備しておきましょう。使い捨てタイプはそのまま捨てられるので気軽に使えますが、一般的な紙パンツよりもかなり割高となるので、頻繁に使うようであれば、洗って繰り返し使えるタイプもあります。

 - ベビー/子育て