探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

柴犬が首輪を嫌がる原因は?首輪になれさせる方法と練習方法

2018.10.22

飼っている柴犬に首輪をつけようと思っても嫌がってなかなか付けることができないという人もいますよね。嫌がるのに無理矢理つけようとすると、暴れたり噛まれたりすることもあります。

犬が首輪をつけるのを嫌がるのは一体どうしてなのでしょうか。つけるにはどうしたらいいの?

そこで今回は、犬が首輪を嫌がる原因と対処法・首輪をつけるための練習方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫の尻尾が震えるのはどんな気持ちの時?尻尾の動き別に解説

猫は感情が尻尾の動きにあらわれるので、尻尾の動きを見れば今どんな気持ちなのか読み取ることが出来ます。...

【ドッグランのマナー】追いかける犬にしてしまうのは飼い主です!

愛犬を思いっきり走らせて遊ばせてあげたい。そんな時に役に立つ施設が「ドッグラン」ですよね。 ...

金魚とメダカは一緒に混泳できる?注意点や混泳するポイント

金魚とメダカのひとつの水槽に入れて一緒に混泳させてみたいと思ったことはありませんか? では、金...

うさぎのお腹をマッサージ。うさちゃんが健康でいられるために

うさぎはデリケートな動物です。普段から、スキンシップを兼ねて、お腹をマッサージをしてあげてください。...

猫の模様は大人になると変わるの?猫の毛の色の秘密を教えます

猫の模様は成長とともに変わることが多く、子猫の頃は真っ白だったのにシマシマになった。黒猫が茶色とまだ...

母猫の出産後の子育て・食事とは!子猫を育てない母猫もいる

出産後を終えた母猫は、子猫たちのお世話をするようになります。 子猫におっぱいを飲ませたり、排泄のお...

犬のお腹が鳴るのは病気なの?毎日の食事や排泄に気配りを!

犬のお腹がやけに鳴って気になる。空腹ではないはずなのに、どうしてお腹が鳴るの? その多くは、胃...

ハリネズミが脱走して見つからない時にできること!

ハリネズミはほとんど脱走はしないそうです。 脱走するとすれば、ゲージが何らかの原因で開いてしまい、...

猫(2ヶ月)のご飯のあげ方やおすすめなエサをご紹介

2ヶ月の子猫にはどんなご飯をあげたらいいのでしょうか? ミルクからご飯を食べるようになるタイミ...

カブトムシの虫かごの白い虫は?どこから?影響や駆除方法

カブトムシの虫かごに、気がつくと白い虫がわいていることがあります。 この白い虫の正体はダニです...

天井裏に動物が!どんな対策が必要?おすすめアイテム

天井裏になにやら動物が住み着いている?ガサガサ、ゴソゴソと物音も怖いですが、野生動物が家の中にいるこ...

猫の鳴き声がうるさい時の原因と対処法を紹介します!

猫がよく鳴く、鳴き声がうるさい!そんな時の原因にはどんな事があるのでしょう? 猫の性格は色々・...

猫の爪が巻き爪になって肉球に食い込んだ!定期的に爪切りを

飼っている猫ちゃんの爪が巻き爪になってそのままにしていると、爪が肉球に食い込んで怪我をしてしまうこと...

チンチラというと猫?うさぎ?いいえ、もともとはネズミの仲間

チンチラと聞くと多くの人は猫を思い浮かべるのではないでしょうか。でも、猫ではなくネズミの仲間にも「チ...

金魚が元気ない、底にいるのは何が原因?対処方法について

なんだか最近、金魚が元気ないのが気になる。ずっと底にいるような?もしかして、エサのあげすぎ? ...

スポンサーリンク

柴犬が首輪を嫌がる原因は?

柴犬の子犬を飼うことになり首輪をつけることを嫌がることも多いです。

柴犬が首輪を嫌がる原因とは

  • 首輪に慣れていない
    今まで何もつけていない状態だったのに突然「何か」がついているという違和感を感じ嫌がることもあります。実際に何がついているのかわからないので不安になり、暴れて取ろうと必死になるのです。
  • サイズが合っていない
    首輪がきついと首を締め付けられて苦しくなりストレスが溜まります。また緩いと散歩の時に抜けてしまう可能性もあるので、首輪と首の間は「指が1本入る」程度にしておきましょう。
  • 首輪に装飾
    犬の名前や連絡先は書いてあると迷子になった時にとても便利です。しかしプレートだけでなく音がでる装飾がついている首輪もあります。音が原因になり嫌がることもあります。
  • 炎症
    首輪のサイズが合わなくて、皮膚が擦れてしまい炎症を起こしていることも考えられます。首輪をすると熱で皮膚が炎症をおこす場合もありますので、飼い主さんがよく観察するようにしましょう。

首輪を嫌がる柴犬は首輪になれさせることが大事!

嫌がる柴犬には首輪に慣れさせる

首輪に慣れていない柴犬には慣れてもらうしか方法はありません。大きな声を出して怒ることはしないで、おやつを使い褒めてしつけをするようにしましょう。

初めは慣れていなくて当然と思い、我慢が出来たら褒めておやつをあげることを繰り返します。段々我慢する時間を長くします。

首輪をしているといい思いをすると柴犬に覚えさせる

首輪をつけると褒めてもらえる、おやつがもらえると思わせることも大事です。首輪をつけているとおやつがもらえる。嫌がらないとおやつをもらえる。自分から首を通せるようになるとおやつをもらえるなど少しずつハードルを上げていきましょう。

犬は首輪のストレスよりもおやつが欲しいので、続けているうちに首輪のことを忘れてしまいます。おやつを上手に使い首輪をつけている違和感をなくしてあげるようにしてあげましょう。慣れさせることが大事です。

首輪を嫌がる柴犬に首輪をつけるトレーニング

嫌がる柴犬に首輪をつけるトレーニング方法

ハンカチやヒモなどを柴犬の首に軽く巻く

子犬の頃からハンカチやヒモなどを首に撒き、しばらくしてから外すということを繰り返します。この方法の場合あまり抵抗はしないと思います。2,3ヶ月の頃の子犬が一番ベストな時期です。

首輪の感触に慣れさせる

首輪と突然するのはなく、犬の首に首輪を触れさせ、首輪の感触に慣れさせます。あくまでも感触に慣れさせます。触れさせることをしばらく続けます。

首輪をつける

感触に慣れてきたら、首輪をつけます。つける時のタイミングが大切です。つける前に飼い主はつける練習をしておきましょう。ベルトのように穴が開いているタイプはサッと穴に通せるようにしておきましょう。

犬に気づかせないようにするためには、ご飯を食べている時、おやつを食べている時に素早く首輪をつけるようにしましょう。首輪をつけることが出来たら、柴犬をたくさん褒めてあげましょう。

柴犬に首輪をつけるメリット

首輪をつけることは、主従関係をわからせるいい機会です。柴犬は主従関係がはっきりしていないとストレスになります。犬は首輪をつけて、自分が下であることを理解し、飼い主がリーダーで従わないといけないとわかります。

散歩をする時は必ず首輪をして、この主従関係を教えます。首輪には予防注射済みや迷子札など犬にとっての身分証明書を取り付けることも出来ます。もし犬が迷子になってしまった場合でも、犬の身元がわかる情報をつけていることはとても大事なことです。

散歩や外出の時に首輪をつけることは、犬に取ってオンとオフの切り替えにもなりますし、飼い主にとっては首輪が壊れていないか確認するいい機会になります。首輪を長い期間つけっぱなしにすると、皮膚のトラブルもおきてしまう可能性もあるので注意して観察するようにしましょう。

柴犬がリードを嫌がる時の対処法

生活している室内でリードをつける練習をします。まず犬をリードをつけることから慣れさせて行きましょう。

しばらくリードをつけたままにしてみます。リードは持たずに、床に置いておいて問題はありません。はじめは犬もリードを気にしますが、いつも通りに遊んで過ごすと、段々リードを意識しなくなります。

犬がリードを気にしなくなったら、飼い主がリードの先を持ち少し離れて呼びます。上手に出来たらたくさん褒めてあげましょう。そしてご褒美におやつをあげます。

犬がリードをつけて歩くことに慣れるまでは、リードはいつもたるませておいて、犬を強く引っぱることはしないようにしましょう。犬がリードをつけて歩くことに慣れてきたら、リードを引き飼い主が歩く方へ引きます。上手に出来たらご褒美をあげます。

出来るようになったら外へ散歩に出かけるようにしましょう。主導権は飼い主が握り、散歩は犬が行きたい所に散歩に出かけるのではなく、飼い主が決めたコースを散歩しましょう。

 - 動物/ペット