探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

ひまわりが太陽の方向を向かない?その理由と生態について

2018.9.12

ひまわりって太陽の方向を向いて育つといいますよね。でもその方向を向かないひまわりがあるという話を聞きます。

太陽の方向を向かないひまわりには、どのような理由があるのでしょうか?

気になる理由と、そもそもなぜひまわりは太陽を追いかけるのか?ひまわりの生態についてもご紹介いたします!コレがわかれば子供に理由を聞かれたときも困りませんよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの壁紙にヤニをつけると退去費用がかかる!掃除のやり方

タバコを吸っていると、どうしてもアパートの壁紙にヤニがついてしまいますよね。 このヤニ汚れはアパー...

女友達の嫉妬はどう防ぐ?女同士の嫉妬から逃げる方法

女友達の嫉妬ほど、面倒なものはありませんよね。しかし、女同士にはこのようなパターンがあることが多いよ...

雨の日が好き!そんなあなたの性格とは?理由について

雨の日が好きという人は、雨のどんなところが好きなのでしょうか? また、その雨が好きな理由には性...

鶏肉を解凍する時は常温放置でもOK?解凍方法を紹介します!

今日のおかずは鶏肉を使って何か作ろう! そう思って冷凍保存していた鶏肉を解凍するのに、常温放置して...

バナナの賞味期限が知りたい!見た目が黒くても大丈夫

朝バナナダイエットが流行ったこともありますね。 子供のおやつや小腹が空いたときにもバナナはいい...

目が色を認識できるのは何色くらい?動物と人間の視界の違い

「目で見て色を認識する」当たり前のことですが、そのメカニズムを考えたことはありますか? もしか...

セーターをハンガーで干したら伸びた。対処方法や予防する方法

セーターをハンガーにかけて干したら、コレ誰が着るの?というくらい伸びてしまうことありますよね。 ...

中国人女性は浮気を許さないってホント?付き合い方に注意!

日本人男性が中国人女性と付き合うということも珍しいことではなくなってきました。 しかし、中国人...

異性からの好意を感じた途端、嫌悪感を感じてしまう心理について

異性から好意を示された途端、その異性に対して嫌悪感を抱いてしまう。 自分が好意を持っている異性...

【皿洗いのコツ】お皿を早く洗うコツとポイントをご紹介!

食事を済ませたあとに待っている家事が「皿洗い」です。家事の中でもお皿や食器を洗うことが好きではない・...

夏の終わりはみんな寂しい!理由についてをご紹介!

暑い夏が来ると早く涼しくなってほしいと思いますが、本当に夏が終わってしまうと寂しく感じませんか? ...

海が好きな人の性格はじつは、○○なのかもしれません

あなたは、海派ですか?山派ですか?どちらも好きですか? 海好きな人、山好きな人それぞれどんな性...

食洗機は掃除が必要です!油汚れの落とし方と日頃の手入れ

食洗機があると毎日の家事が便利になることでしょう。 食洗機なので、掃除は必要ない?という感じも...

子供の散髪にバリカンを使ってみよう!そのコツを教えます!

子供の散髪を自分でしようと思っても失敗しそうだし、だからと言って美容室へ行くと高いし…。と悩んでしま...

室内の温度を下げる方法!簡単で今すぐ試せる方法もご紹介

仕事から帰ってきたら、部屋がむあっと暑くて疲れが倍増・・・なんてことありますよね。 しかし、室...

スポンサーリンク

ひまわりが太陽の方を向かない?ひまわりの花について

ひまわりは、生長すると高さは30cmから4mにもなるキク科ヒマワリ属の一年草です。ヒマワリと聞くと思い出すのが人の背丈よりも高いひまわりですが、10cmほどの可愛らしい花を咲かせる「ミニひまわり」という品種もあります。特徴でもある外側の黄色い花びらは「舌状花(せつじょうか」といい、種をつけません。中心の黒っぽい部分は「管状花(かんじょうか)」で、この部分が受粉して種をつけます。管状花は外側から咲き始め、徐々に内側の花も開花します。

「ひまわり」という名前は、花が太陽を追うようにその向きを変えることが由来になっており、漢字では「向日葵」と書きます。太陽のような姿から、英語では「太陽の花(sunflower)」と呼ばれています。

北アメリカが原産で、ネイディブ・アメリカンたちは食料にしていました。16世紀にアメリカ大陸を発見したコロンブスがひまわりをスペインへ持ち込み、その後ロシアに伝わったと言われています。

ロシアでは食用として広まり、国花として現在も親しまれています。その後、17世紀になってから日本に伝えられました。

ひまわりが太陽の方を向かない?太陽の方を向く原理とは

太陽を追いかけるように花の向きを変えるといわれるひまわり。つぼみをつける頃までの若いひまわりは、本当に太陽の方向を追うように動きます。

朝は東を、昼間は頭の上、夕方になると西の方向を向いて名残惜しそうにしています。

実はこの動きは花が動いているのではなく茎の働きが重要な役割を果たしています。ひまわりの茎に含まれる成長ホルモンの「オーキシン」は、太陽が当たらない箇所で多くなり茎を成長させます。

ひまわりの茎の「太陽に向いている部分」はそのままで「陰になっている部分」が伸びると結果として花が太陽の方向に曲がることになります。

こうして常に太陽に向きを合わせることで、より効率的に葉が太陽の光を浴びることができ、ひまわりは生長していくのです。

見た目も太陽のようなひまわりが、太陽に向かって伸びていくのは成長ホルモンによるものだったのです。

ひまわりが太陽の方向を向かない理由

一面にひまわりが咲いているひまわり畑を見たことはありますか?

ひまわりの花は、みんな太陽の方を向いて咲いていると思いがちですが、実はそうではないのです。

記憶の中で、ひまわりが一斉に太陽を向いているように思えるのは、ひまわりの多くが日中に開花するからでしょう。

太陽が昇った東を向いているときにひまわりが開花した場合、そこで成長ホルモンが止まると花の向きは固定されます。

多くの花が同じタイミングで咲くと、そのまま花の向いている方向も一緒になりますから「ひまわりはみんな太陽を向いている」と思ってしまうのです。

つまり、開花したひまわりは花の向きが固定されているので、東に向いているひまわりを西を向くように植え替えた場合、その後太陽を追って東を向くということはありません。
植物が光に反応して成長する方向を変化させることを「光屈性」といいます。多くの植物で見られる現象です。どの植物でも発芽から蕾をつける頃までの間に起こります。

ひまわりが太陽を追いかけて向きを変える時期とは

ひまわりがたくさん咲いているとき、その花の向きを一本一本よく見てみましょう。同じ方向を向いているひまわりもありますが、その向きは意外とバラバラ。

太陽が照りつける南を向いているものが多いようですが、全てが揃っているわけではありません。ただし、北を向いて咲いているひまわりはないでしょう。

ひまわりには「太陽に向かって咲く花」というイメージがあるものの、ひまわりだけでなくダリアやヒャクニチソウなど多くの花は、太陽の方向を向いています。

ただ、つぼみをつける前のひまわりの茎は、しっかりと太陽を追いかけるように動いていきます。

よく目にする花よりも茎が太くおおきなひまわりは、とくに目立つため「太陽を追いかける花」「太陽に向かって咲く花」というイメージがついたのでしょう。

ひまわりが東を向いていることが多いのはナゼ?

ひまわりは蕾がつくまでの間、太陽を追って向きを変えながら成長します。生育環境にもよりますが、基本的に花が咲く頃になると、その成長は止まり向きを変えなくなるのです。太陽に合わせて向きを変えるひまわりは、どんどん成長してる途中なのです。

ひまわりの花は、その中心に1000~2000もの小さな花が集まったもので、咲ききるのには数日を要します。

花の向きは、西側に光を遮るものがあれば東に、東側の光が遮られるなら西を向くようになります。

これは植物は光の中でも青色光に反応するので、朝日や夕日の赤みを帯びた光は暗く感じてしまうためです。

ひまわりの花をきれいに同じ向きにしたいときは、陰になる場所などにも気をつけたほうがいいかもしれませんね。

 - 雑学