探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

ひまわりが太陽の方向を向かない?その理由と生態について

2018.9.12

ひまわりって太陽の方向を向いて育つといいますよね。でもその方向を向かないひまわりがあるという話を聞きます。

太陽の方向を向かないひまわりには、どのような理由があるのでしょうか?

気になる理由と、そもそもなぜひまわりは太陽を追いかけるのか?ひまわりの生態についてもご紹介いたします!コレがわかれば子供に理由を聞かれたときも困りませんよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

鼻の穴が大きい男性はどんな性格?鼻からみる性格診断

鼻の穴が大きい男性は結婚に向いている?向いていない?女性が男性を見るときには身長でも髪型でもなく「鼻...

給食に毎日牛乳が出るのはなぜ?その理由と歴史についてご紹介

昔から給食に牛乳は毎日出ていますよね。 私も子供のころ、メニューがうどんや煮物などの和食で牛乳...

アパートの壁紙にヤニをつけると退去費用がかかる!掃除のやり方

タバコを吸っていると、どうしてもアパートの壁紙にヤニがついてしまいますよね。 このヤニ汚れはアパー...

身長の低い女子の苦悩とは?低身長の【あるある】をご紹介!

身長の低い女子には悩みだって尽きないんです。 身長が低いことで嫌な思いをしたり、時にはラッキー...

りんごの季節が来たら作ってみたい!簡単スイーツレシピ

秋が旬のりんご。そのまま食べても美味しいけれど、加熱すると甘みが増すなど味の変化を楽しむことができる...

裏起毛のパーカー!毛が他のものに付くのを防ぐ洗濯方法

裏起毛のパーカーは暖かくてフワフワとした肌触りも気持ちがいいですよね。でも洗濯をする時には毛が抜けて...

ゼラニウムの育て方!冬越しさせるコツについて

真夏と真冬以外は花を咲かせて楽しませてくれるゼラニウム。 育て方も簡単なため初心者向きの植物だとい...

エアコンとストーブを使用する時の乾燥対策について

あなたのご家庭ではエアコンとストーブどちらを使用していますか? 使用する際に乾燥対策はしていま...

【手紙や年賀状の宛名】複数の先生の場合は先生方を使おう!

お世話になった幼稚園や保育園、塾などの先生へ手紙や年賀状を出す場合、一人の先生ではなく複数の先生宛に...

冷蔵庫や野菜室の中身が凍るはコレだった!対処法を紹介

冷蔵庫や野菜室に入れたはずなのに、野菜や卵や色んなものが凍っているという経験はありませんか? ...

日本人は見た目が若い!?考えられる理由は色々あります

見た目が若いと言われる日本人。日本に住んでいるとなかなか気づきにくいですが、世界的に見ても日本人をは...

ブロッコリーはお弁当の必需品だけど、夏の時期は要注意!

彩りを良くしてくれるブロッコリーはお弁当でも大活躍ですよね。 しかし、夏の時期のお弁当に使う場...

女友達の嫉妬はどう防ぐ?女同士の嫉妬から逃げる方法

女友達の嫉妬ほど、面倒なものはありませんよね。しかし、女同士にはこのようなパターンがあることが多いよ...

バレエの先生にお礼は絶対必要?品物の選び方と相場について

子供の習い事にはお金がかかりますが、特にバレエに関してはかなりの出費になると言われています。 ...

ガソリンの臭いを取るのにオススメなもの!意外な物まで

ガソリンや灯油の臭いって、なかなか取れませんね。 気をつけて扱っていたつもりでも、手にニオイが...

スポンサーリンク

ひまわりが太陽の方を向かない?ひまわりの花について

ひまわりは、生長すると高さは30cmから4mにもなるキク科ヒマワリ属の一年草です。ヒマワリと聞くと思い出すのが人の背丈よりも高いひまわりですが、10cmほどの可愛らしい花を咲かせる「ミニひまわり」という品種もあります。特徴でもある外側の黄色い花びらは「舌状花(せつじょうか」といい、種をつけません。中心の黒っぽい部分は「管状花(かんじょうか)」で、この部分が受粉して種をつけます。管状花は外側から咲き始め、徐々に内側の花も開花します。

「ひまわり」という名前は、花が太陽を追うようにその向きを変えることが由来になっており、漢字では「向日葵」と書きます。太陽のような姿から、英語では「太陽の花(sunflower)」と呼ばれています。

北アメリカが原産で、ネイディブ・アメリカンたちは食料にしていました。16世紀にアメリカ大陸を発見したコロンブスがひまわりをスペインへ持ち込み、その後ロシアに伝わったと言われています。

ロシアでは食用として広まり、国花として現在も親しまれています。その後、17世紀になってから日本に伝えられました。

ひまわりが太陽の方を向かない?太陽の方を向く原理とは

太陽を追いかけるように花の向きを変えるといわれるひまわり。つぼみをつける頃までの若いひまわりは、本当に太陽の方向を追うように動きます。

朝は東を、昼間は頭の上、夕方になると西の方向を向いて名残惜しそうにしています。

実はこの動きは花が動いているのではなく茎の働きが重要な役割を果たしています。ひまわりの茎に含まれる成長ホルモンの「オーキシン」は、太陽が当たらない箇所で多くなり茎を成長させます。

ひまわりの茎の「太陽に向いている部分」はそのままで「陰になっている部分」が伸びると結果として花が太陽の方向に曲がることになります。

こうして常に太陽に向きを合わせることで、より効率的に葉が太陽の光を浴びることができ、ひまわりは生長していくのです。

見た目も太陽のようなひまわりが、太陽に向かって伸びていくのは成長ホルモンによるものだったのです。

ひまわりが太陽の方向を向かない理由

一面にひまわりが咲いているひまわり畑を見たことはありますか?

ひまわりの花は、みんな太陽の方を向いて咲いていると思いがちですが、実はそうではないのです。

記憶の中で、ひまわりが一斉に太陽を向いているように思えるのは、ひまわりの多くが日中に開花するからでしょう。

太陽が昇った東を向いているときにひまわりが開花した場合、そこで成長ホルモンが止まると花の向きは固定されます。

多くの花が同じタイミングで咲くと、そのまま花の向いている方向も一緒になりますから「ひまわりはみんな太陽を向いている」と思ってしまうのです。

つまり、開花したひまわりは花の向きが固定されているので、東に向いているひまわりを西を向くように植え替えた場合、その後太陽を追って東を向くということはありません。
植物が光に反応して成長する方向を変化させることを「光屈性」といいます。多くの植物で見られる現象です。どの植物でも発芽から蕾をつける頃までの間に起こります。

ひまわりが太陽を追いかけて向きを変える時期とは

ひまわりがたくさん咲いているとき、その花の向きを一本一本よく見てみましょう。同じ方向を向いているひまわりもありますが、その向きは意外とバラバラ。

太陽が照りつける南を向いているものが多いようですが、全てが揃っているわけではありません。ただし、北を向いて咲いているひまわりはないでしょう。

ひまわりには「太陽に向かって咲く花」というイメージがあるものの、ひまわりだけでなくダリアやヒャクニチソウなど多くの花は、太陽の方向を向いています。

ただ、つぼみをつける前のひまわりの茎は、しっかりと太陽を追いかけるように動いていきます。

よく目にする花よりも茎が太くおおきなひまわりは、とくに目立つため「太陽を追いかける花」「太陽に向かって咲く花」というイメージがついたのでしょう。

ひまわりが東を向いていることが多いのはナゼ?

ひまわりは蕾がつくまでの間、太陽を追って向きを変えながら成長します。生育環境にもよりますが、基本的に花が咲く頃になると、その成長は止まり向きを変えなくなるのです。太陽に合わせて向きを変えるひまわりは、どんどん成長してる途中なのです。

ひまわりの花は、その中心に1000~2000もの小さな花が集まったもので、咲ききるのには数日を要します。

花の向きは、西側に光を遮るものがあれば東に、東側の光が遮られるなら西を向くようになります。

これは植物は光の中でも青色光に反応するので、朝日や夕日の赤みを帯びた光は暗く感じてしまうためです。

ひまわりの花をきれいに同じ向きにしたいときは、陰になる場所などにも気をつけたほうがいいかもしれませんね。

 - 雑学