探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

旦那がキレる!子供に怒鳴るパパを見たくないママへ

2018.10.25

旦那がキレる。
突然子供に対して大声を上げたり、怒鳴りつけたりすることありませんか?

男性の怒りと、女性の怒りは違います。

パパの怒りのスイッチを知って、ママはそのスイッチを押さないようコントロールしましょう。

怒りのメカニズムを知って、イライラしない、イライラさせない家庭づくりを心がけましょう!

ちなみにウチはいつも私がイライラガミガミなので、パパはうんざりしてると思います…反省。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

電車内で爆睡したことある?寄りかかりを対処するには

電車に乗るとつい居眠りをしてしまうという人も多いのではないでしょうか。 中には、電車の中で爆睡...

仕事と家事が両立できないのは当たり前!上手な手抜きを覚えよう

仕事と家事が両立できない自分に、自己嫌悪になってしまっている方も多いのでは? そもそも、仕事と...

パンを冷凍する時にアルミホイルを利用してみて!

パンも冷凍できるって知っていましたか?冷凍時にはアルミホイルが役立つんですよ。 どうしてアルミ...

学校に行きたくない日が続くのは心の病気かもしれない

誰でも一度くらいは「学校に行きたくない」と感じることはあるでしょう。でも、それが毎日続く場合は心の病...

父親と息子が不仲になるのは父親をライバル視し始めているから

父親と息子が不仲になるのにはどんな理由があるのでしょうか? そのようになってしまった時、母親は...

社会人でも実家暮らしをしている人は家事はやっているかどうか

社会人でも実家暮らしをしている人はいますね。 実家に暮らしている人は、家事はどこまでやっていま...

妊娠の報告をサプライズで伝える!妊娠報告のタイミングと方法

自分のお腹の中に赤ちゃんがいるとわかったら、どんなふうに妊娠の報告をしたら良いのか悩みますよね!いつ...

集団が苦手に感じる人は…自分を知って苦手を克服しよう

学校の中でも職場の中でも、毎日の生活の中で集団生活を避けることはできません。 しかし、集団やグ...

車の運転が下手な女性の特徴と、起きやすい事故とありがちな事

車の運転が苦手な女性もいます。 また運転が下手だなと感じる車に多いのが女性ドライバーだったりします...

女性が一人暮らしで一階に住むなら防犯対策は万全に!

一階の部屋は危険なリスクがあるので女性は避けた方がいいでしょう。しかし、他の階よりも家賃が安い物件も...

ボールペンの汚れを消す裏ワザが知りたい!こんな方法で!

色んな場面でボールペンは使いますが、気が付くとボールペンの汚れが机や壁や洋服に付いたいた!ということ...

毎日、毎日つまらない。主婦は家事だけ?そんなことないよ!

毎日つまらない…。 なんて主婦の口から、よく聞きますが、主婦でも職業婦人でも独身でも、つまんないと...

電車の中で感じる視線…それが男性からだったら理由は●●かも

通勤などで電車に乗っていると、知らない人からの視線を感じることもありますよね。では、もしそれが男性か...

妊娠7週目のエコー・赤ちゃんが小さい?大きさには個人差がある

赤ちゃんを妊娠していることがわかると、ママもパパも喜びでいっぱいになりますよね。お腹に芽生えた小さな...

一人暮らしに反対する親の気持ちと説得する方法

一人暮らしを反対する親は多いです。学生で実家から通える範囲に学校がある場合は特に反対されます。 ...

スポンサーリンク

旦那が些細なことでキレる。子供に当たる。これは妻への不満なのかも?

男性は自分の妻の行動に対して不満を持っている事があります。
例えば、掃除が出来ていなかったり無駄使いをしていると考えると妻に対してイライラすることがあるでしょう。

女性の場合は他者に相談する事で他者感覚が入ってきますが、男性は自分の中で解決しようとする場合が多いので他者感覚が持ちづらいです。

そのため、自分の思うような考えと違う事があると相手の考えを認めようとしない傾向もあるようなのです。

そして、40代~50代になると、男性更年期のような状態に陥る事があります。

男性ホルモンの低下によって体力や気力が衰えたり、子どもの成長から父親としての存在感も薄れてくることも関係します。

仕事に対する限界も感じてきて、些細な事にストレスがたまって怒りやすくなるようです。

妻に対して怒る夫は、妻との価値観の違いを受け入れられなかったり、日々の寂しさから注目されたいという気持ちになり怒ってしまうのかもしれません。

旦那がキレるの正直ウザい。子供に言う前にまずは自分がちゃんとして!

多くの妻は、旦那が子どもに対するキレ方に不満を抱いているようです。

子どもに対する叱り方というものがあるのに、旦那さんは頭ごなしな叱り方をしていると不満に思うようです。

例えば、「片付けをしろ!」「静かにしろ!」「ご飯をきちんと食べろ!」など強い口調の怒り方が上げられます。

果たして普段旦那さんは子どもに叱れるほどきちんとした生活を送っているのでしょうか。
自分の身の回りのことも出来ないのに子どもに対してはその場あたり的な叱り方をしていると、妻は旦那に対して不満を感じるのでしょう。

時にはその叱り方をめぐって夫婦で喧嘩してしまう事もあるようです。

本来であれば母親が子どもを叱っていたら旦那はフォローに回って子どもの逃げ道になってあげるべきなのかもしれません。

たまにしか子どもと接しないで面倒も見ていないのに叱るだけ叱るのは親として違うのではないかと思うのでしょう。

旦那がキレるポイントはどこ?子供がパパのキレスイッチをオンにしないためには?

旦那さんが子供にたいしてキレるのは、子供をしつけようと思っているのではなく、自分の生活で不満に思っているからでしょう。

そういう時は、旦那さんの譲れないポイントをしっかり理解し、そのポイントはしっかりと守ってあげることが大切です。

そうすれば旦那さんのイライラも少しは収まるでしょう。

例えば、ご飯の時間を大切にしている旦那さんであれば、その間の子供の言動などには目をつぶってもらうように伝えます。

子供に対して叱る役は母親が担当し、旦那さんにはフォローに回るように役割分担することを提案してみましょう。

そして、睡眠を大切に考えている旦那さんであれば、夜泣きの対応などはしなくてはいいので寝室を別にしてゆっくり眠ってもらうと良いでしょう。

一見母親の負担が増えてしまうように思えますが、旦那さんの子供にたいする理不尽なキレ方を見るよりはましなのではないでしょうか。

怒りで支配する子育てをしないために気をつけること6つ!

怒らない子育てをするためには気をつけて欲しい事をお伝えします。
ついつい子供が言う事を聞かないと叱り付けてしまうことがあると思いますが、そんな時は以下の事に気をつけてみてはいかがでしょうか。

  1. 子供は自分の思い通りにはいかないとあらかじめ思っておく。
  2. 子供が言う事を客観的に見て事実だけを考える
    子どもがお菓子を欲しがったらただ叱るのではなく、この子はお菓子を欲しがっているんだなと冷静に客観的に見てみましょう。
  3. 怒りを感じたら一呼吸置いてから話す
  4. 何に怒ったのか自分で記録をつける
  5. 怒らない子育ての方法を勉強する
    コモンセンスペアリンテインングというプログラムを受けて、怒り以外での正しいしつけの方法を学びましょう。
  6. できるだけ良く寝る
    睡眠不足だとイライラしやすくなるので睡眠は取れるときにしっかりとっておきましょう。

 - 生活