探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

ホテルのシャンプーは持ち帰りしてはダメ?OKなものNGなもの

2018.9.14

ホテルの可愛いアメニティは持ち帰りしてもいいものなのでしょうか?シャンプーなどでもお持ち帰りしてもいいものとダメなものの違いとは?

持って帰っていいアメニティはわかりやすいものと、わかりにくいものがありますよね。
ご自由にお持ち帰りくださいと書いてあればわかりやすいですが、どこのホテルでもそうしているわけではありません。

持ち帰りしていいかどうかの判断ポイントはこんなところです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アパートの壁紙にヤニをつけると退去費用がかかる!掃除のやり方

タバコを吸っていると、どうしてもアパートの壁紙にヤニがついてしまいますよね。 このヤニ汚れはアパー...

自分の声を録音して聞くと高い理由は?自分の声を好きになる方法

自分の声を録音して聞いてみると、普段自分が聞いている声と違って違和感を感じることはありませんか?録音...

冬にエアコンが止まる!故障ではなく霜取り運転かもしれません!

寒い冬にエアコンが止まる…。この場合、故障かもしれない!と思ってしまうかもしれませんが、故障ではなく...

長女や長男、次男…産まれてきた順番は性格に関係するのか調査

長女や次女、長男や次男など、兄弟の形はその家庭によって異なりますよね。 しかし、周りを観察して...

クワガタの幼虫をペットボトルで飼育する方法!

クワガタの幼虫を飼育してみたい!そんな事を突然お子さんに言われてどうしようか困っているお母さん! ...

【手紙や年賀状の宛名】複数の先生の場合は先生方を使おう!

お世話になった幼稚園や保育園、塾などの先生へ手紙や年賀状を出す場合、一人の先生ではなく複数の先生宛に...

室内で帽子を被るのは失礼なこと?その結論

室内で帽子を被るのは失礼なことだから脱ぐべき! いやいや、今時帽子だってファッションの一部だから、...

【皿洗いのコツ】お皿を早く洗うコツとポイントをご紹介!

食事を済ませたあとに待っている家事が「皿洗い」です。家事の中でもお皿や食器を洗うことが好きではない・...

牛革財布を長持ちさせるお手入れ方法を解説!

牛革財布は、使い続けるほど味のある風合いが出るのが魅力の一つです。 ずっと使い続けたい牛革財布...

子供の記憶は何歳から鮮明に残るのか。記憶力の不思議

子供は何歳くらいから物事を記憶することができるのでしょうか。 中には、お母さんのお腹の中の記憶...

ホットケーキを冷凍保存するコツを知れば固くなることはない!

ホットケーキが余った時やおやつとして保存したい場合、冷凍保存することがあります。ただ冷凍保存した場合...

給食に毎日牛乳が出るのはなぜ?その理由と歴史についてご紹介

昔から給食に牛乳は毎日出ていますよね。 私も子供のころ、メニューがうどんや煮物などの和食で牛乳...

室内の温度を下げる方法!簡単で今すぐ試せる方法もご紹介

仕事から帰ってきたら、部屋がむあっと暑くて疲れが倍増・・・なんてことありますよね。 しかし、室...

ブリとカンパチは出世魚!見た目の違いや食感・生息地について

ブリとカンパチってなんだかよく似ていると思いませんか?「似ているから見分けがつかない!」という人もい...

雨が好きな人の心理とは?実はこんな理由だったんです・・・!

雨が降るとお出かけが出来ないし、傘も持たなきゃいけないし・・・一般的に、雨は嫌いという人が多いもので...

スポンサーリンク

ホテルのシャンプーは持ち帰りしてもいい?

ホテルのシャンプーなど、基本的に個別包装されて袋に入っているものはお持ち帰りしても良いです。

よく、洗面台には歯ブラシや、コットンセット、入浴剤、ヘアブラシなどが置いてありますが、どれも袋に入っていますよね。

これらは一度あけたらもうホテル側は捨てるだけになりますので、使いまわすことはないでしょう。

その為持って帰ってもホテル側からすればまったく支障はないのです。

使いきりであるかどうかがポイントになってきます。

例えば、シャンプーやリンスなどがミニボトルに入っていて使いきりのものであれば大丈夫ですが、備え付けの大きなボトルに入っているシャンプーやリンスなどはお持ち帰りしてはいけません。

ボディタオルなども袋に入っているものであれば、お持ち帰りしても大丈夫でしょう。

旅館だと、巾着袋にタオル等が入っており、これらの商品はお持ち帰りしていい場合がほとんどです。

もし迷うようであればホテルや旅館のスタッフに確認してみると良いですね。

ホテルの備え付けのシャンプーを持ち帰りするのは窃盗罪になるのか

ホテルのアメニティなどは使い捨ての場合が多く、お客さんが持ち帰ってもまったく問題はないでしょう。

しかし、ホテルの備品であるコップやバスタオルタオル、備え付けの大きなボトルのシャンプー類などはお客様が持ち帰るとホテル側も想定していません。

常識的に見ても、これらは使い捨てではなく繰り返し使われているもので持ち帰ってはいけないものだと判断できるものになりますので、無断で持ち帰ると窃盗罪にあたります。
ホテルの備品を「持ち帰ってはいけないと書いていないので、持ち帰っても良いと思ってしまった」と言い訳をする人もいるでしょう。

ホテルの備品を持ち帰る事が窃盗だと思わなかったと言う場合でも、常識的に明らかにおかしい場合は窃盗罪になるのです。

中には、宿泊費を払えずに浴衣を着たまま旅館から逃げたお客さんもおり、この場合浴衣の窃盗罪であると認められたケースもあります。

ホテルの備え付けのシャンプー以外で持ち帰りしてはいけないもの

使い捨てのものは基本的に持ち帰りをしても、大丈夫である事をお伝えしました。

その例としては、使い捨て歯ブラシ、スリッパ、ヘアブラシ、シャンプー類、コットンセット、剃刀、個別包装のお茶やお菓子などが上げられます。

個別包装されて使い捨てが前提となっているものは、持って帰っても問題ないでしょう。

一方持って帰ってはいけないものとはどういったものでしょうか。

それはホテルの備品として置いているものや、繰り返し使われているであろうと考えられるものです。
これらはホテルの資産となるので持って帰ると窃盗に当たるでしょう。

例えば、ドライヤー・コップやポット、寝具、バスタオル、ボトルタイプの備え付けシャンプー類、電池、ハンガーがあげられます。

これらの判断は常識的に考えて自分で判断できるでしょう。
もし判断がつかないという場合は持っていかないほうが賢明ですし、ホテルのスタッフに聞いてみると良いでしょう。

コレはホテルで持ち帰りしてもいいもの?いけないもの?

では、ホテルにおいてあるスリッパなどは持って帰っても良いのでしょうか。

個別包装で袋に入っており、使い捨て前提になっているようなスリッパならば、持って帰っても大丈夫な場合が多いです。
中には袋に、使用後は自由にお持ち帰りくださいと書いてあるホテルもあります。

それ以外の皮製のスリッパや明らかに繰り返し使っていると思われるスリッパは、持って帰ってはいけませんのでご注意ください。

最近では、ホテルのサービスとして、アメニティだけでなくリラックスグッズを置いているホテルも多くあります。

例えば、入浴剤や個別包装の飲み物、美顔パック、蒸気の出るアイマスクなどが上げられます。

これらも個別包装になっていて使いきりのものであるので持って帰っても問題はないでしょう。

ホテルのショップで売っているものは盗難予防

ホテルのショップで部屋の備品が売っているのは、盗難予防の可能性もあるのかもしれません。

ホテルのバスタオルやボトルに入った備え付けの美容液などは、魅力的で持って帰りたい気持にもなるでしょう。

しかし、個別包装になっていて使いきりのもの意外はホテルの資産となっていますので、持ち帰りをしてはいけません。

それでもこういうものに限ってお持ち帰りしたいという人が多くいるのが現状です。

ホテル側にとっても経費がかかるものなので、お客様にはお持ち帰りして欲しくないと思っています。

そこであえて「この製品はホテル内のショップにて販売しております」とお知らせしているホテルもあります。

この注意書きをすることで、お持ち帰りしてはいけないものであるという事を知らせる事ができますし、どうしても欲しいという人はショップにて買うことができるので、盗難予防になるのでしょう。

 - 雑学