探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

室内で帽子を被るのは失礼なこと?その結論

2018.9.15

室内で帽子を被るのは失礼なことだから脱ぐべき!
いやいや、今時帽子だってファッションの一部だから、室内だからといって脱がなくてもいいのでは?

この室内で帽子を被るのは失礼なことなのかどうなのかという議論。
実際本当に失礼に当たるのかについて調べてみました。

色々意見が分かれるところですが、一つだけいえることは、基本室内では帽子を脱いだ方がベターでしょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

イケメンは嫉妬される!?その理由や感情と会社での対処法

イケメンはイケメンっていうだけで会社などで嫉妬されることも多いようです。 では、どうしてイケメ...

建物の写真の肖像権て?肖像権と著作権・写真を写すときの注意点

最近ではスマートフォンの普及によって色々な人が色々な場所で手軽に写真を写すことができるようになりまし...

ガソリンの臭いを取るのにオススメなもの!意外な物まで

ガソリンや灯油の臭いって、なかなか取れませんね。 気をつけて扱っていたつもりでも、手にニオイが...

ゼラニウムの育て方!冬越しさせるコツについて

真夏と真冬以外は花を咲かせて楽しませてくれるゼラニウム。 育て方も簡単なため初心者向きの植物だとい...

中古住宅を購入した人へのお祝いは何祝い?住宅購入祝いのマナー

新築に引っ越しした人へのお祝いは「新築祝い」ですが、中古住宅を購入した人へのお祝いは何祝いとなるので...

ありがとうの返事をメールで書く時のポイントと注意点

どんな場面でも、色々な『ありがとう 』を言う機会がありますよね。 そのありがとうの言葉をメール...

水槽を立ち上げたら気になる苔!苔問題について考えよう

水槽を立ち上げたら、苔が発生!?そのコケ水槽の水質を見るために役立つかも。 苔と言っても沢山の...

ジムですが、食事をとるときには○時間前にとっておこう

ジムに行くときには食事は前にすませておくべき?それともジムの後に食べるべき? ジムに行く前に食...

ブロッコリーはお弁当の必需品だけど、夏の時期は要注意!

彩りを良くしてくれるブロッコリーはお弁当でも大活躍ですよね。 しかし、夏の時期のお弁当に使う場...

バナナの賞味期限が知りたい!見た目が黒くても大丈夫

朝バナナダイエットが流行ったこともありますね。 子供のおやつや小腹が空いたときにもバナナはいい...

色鉛筆の塗り方のコツは?はじめてでもできる!基本や効果

色鉛筆はちょっと塗り方に工夫をしたり、コツを掴めば、上手に塗ることができます。 では、色鉛筆の...

雨が好きな人の心理とは…雨の楽しみ方を教えます

雨と言うと、ちょっと気分がのらなかったり、いまいちパッとしないという方が多いのではないでしょうか。 ...

子供や動物に好かれる!?そんな人の共通点や特徴について

何故か何もしていないのに、子供や動物に好かれる人っていますよね。 そういう人には、もしかしたら...

嫉妬と妬みの心理とは?されたときは?コントロールは大事!

嫉妬と妬みという言葉は、どちらも同じような感情の意味に思いますが、これらはどのような心理によって起こ...

江戸時代将軍の側室事情!女たちが住まう大奥の秘密

江戸時代の将軍たちは、江戸城に大奥を設けていました。そこに側室たちを住まわせていたのですが、大奥がい...

スポンサーリンク

室内で帽子を被るのは失礼になるの?

室内では帽子をとるべき…なんていう話も聞きますが、最近ではファッションの一部としてそのまま帽子を被っている人をよく見かけます。それは失礼なことなのでしょうか?

結論から言うと、日本においては帽子の着脱に関するルールは特にありません。欧米ではルールがあるようなのですが、その部分だけ文化も違う国に合わせる…というのも変な話ですよね。欧米ではこうしているから!といっても、日本人には受け入れられない可能性もあるのです。

そして時代によってもそういったルールは微妙に変わってきますので、何とも言えないというのが答えになります。

しかし、だからと言って何でもして良いとはなりませんよ。マナーというのは相手を不快にさせないことが基本になります。その相手に合わせて、臨機応変に対応すれば良いのです。

というよりも、基本室内では帽子をとるのが一番の安全策と言えます。帽子を被ったままで不快になる人はいる可能性はありますが、帽子を取ることで不快になる人はいないからです。最初からリスクは回避しておくのが、一番賢い方法と言えるかもしれませんね。

室内で帽子を被るのは失礼だという意見と、帽子を被るのに賛成だという人の意見

室内で帽子を被るのは失礼?失礼にあたらない?人それぞれ考え方は違います。一体どのような言い分があるのでしょうか。

まず、室内で帽子を被るのが失礼だと感じている人達からは「親からそう教えられた」「見ていて不快になる」という意見がありました。マナーとして、脱ぐのが当然だと考えているのです。

マナーで重要なのは、相手を不快にさせないことです。被る派の人からは「マナーマナーって…そんなこと?」なんて思われるかもしれませんが、マナーであると思われている以上脱ぐに値する立派な理由になっていると思います。

そして室内での帽子を失礼だとは思わないという人たちは、そもそも「そのマナーの根拠は何なんだ」と思っているようです。しかし、根拠がわからないからといって被っても良いということにはなりませんよね。

他にも、髪型が崩れるのが嫌だという理由で帽子を脱ぐことを嫌がる人も…。でも、最初から室内に行くことがわかっているのであれば、帽子をかぶってもくずれない髪型をしたり、そもそも帽子を被らなければ良いのです。

室内では帽子を脱いだ方が失礼にならないと考えた方がベター

帽子にもキャップやハット、ベレー帽、ハンチングなどなど、様々な形のものがあります。それ以外にも最近だとツバの無いタイプの帽子だったり、ヘアバンドやターバンなどの形をした帽子なども出てきているのです。

そうしたこともあって、近年ではアクセサリー感覚で帽子を被る人も増えてきています。その為、飲食店などの室内などでも帽子を取らずに食事をしてる姿などを見かけることも多くなり、室内での帽子がマナー違反だと感じる人も少なくなってきています。

しかし、きちんとした決まりは無くともどっちが良いのか?と言われると、もちろん帽子は脱ぐことに越したことはありません。

高級レストランだったり、目上の人と過ごす場合は特に、帽子は脱いだ方が良いでしょう。また、冠婚葬祭の場でもツバつきの帽子を被っているとマナー違反だと思われてしまう可能性がありますので、脱ぐようにしてください。

結婚式の場合の帽子着用は?室内ではなく室外ならOK?

結婚式に参加する際、チャペルでは帽子は脱ぐというのがマナーになります。そうでない場合は厳格な決まりはありませんので、迷ったら新郎新婦本人達に聞いてみても良いかと思います。

ただ、新郎新婦がOKと言った場合でも、親族が良く思わないケースもあるので要注意です。最近ではファッションの一部として帽子を被る人も増えてきていますが、基本的には室内では帽子は脱ぐというのが昔ながらのマナーになっています。その為、帽子はクロークで一緒に預けてしまうのが一番良いかとは思います。

では屋外の場合はいかがでしょうか?屋外の場合は、日差しが強いこともあって薄毛を気にする男性なんかもいるでしょう。屋外の場合は帽子を着用しても問題は無いでしょう。

しかし年配の方からすると、例え屋外であれ結婚式で帽子を被っていることに違和感を感じる人もいるでしょう。その為、屋外でも帽子は被らないというのが一番無難な策です。

室内の帽子マナー、当然例外もあります

ここまで、室内の帽子はマナー違反になる可能性があるので脱いだ方が良いという話をしてきました。しかし、全てがマナー違反になるというわけではなくもちろん例外もあります。

例えば、病気で髪が抜けてしまっていることで、常に帽子を被りながら生活している人もいます。もちろんそういった人たちは室内でも帽子を脱ぐ必要はありません。そのような方々は、室内で帽子を脱がなくても違和感が無いようなものを選んでいたりします。

あとは、芸能人などがお葬式でトーク帽を被っているのを目にしたことがある人も多いでしょう。女性がお葬式に参列する際に被っている、黒くてレースなどが施された小さな帽子です。この帽子は、お葬式中でもとる必要はありません。

しかしこのトーク帽にもマナーがあり、実は本来は遺族やその親族の正式な装いとなっているため、参列者が着用するものでは無いのです。そして被る際には、一緒に黒の手袋を身に付けなくてはいけないというルールがあります。

 - 雑学