探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

趣味で絵画!初心者はまずナニから?絵画や絵の始め方

2018.9.16

趣味で絵画を始める方、最近多いですよね。初心者だと最初はナニから始めていいのか迷ってしまいます。

そこで絵画や絵を始めるときに、まず揃える物、そしてデッサンの仕方についてもご紹介いたします。

また絵を描くときには自分はどのようなタイプの絵を描きたいのかも、最初に決めておくと良いでしょう!
デジタルで絵を書くという方法もありますので、自分にあった方法を探してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の奇声を迷惑と感じた時には、こう対処しよう

子供の奇声が聞こえてきたら、うるさいし迷惑と感じても何度かは我慢することはできますよね。 しか...

貧乏OL脱出計画!今からできる節約術をご紹介

貧乏OLはもう嫌!貧乏から抜け出したい!という方も多いのではないでしょうか。 一人暮らしOLだ...

アパートで隣人とのトラブルはこうやって解決しましょう!

隣りの騒音がガマン出来ない! アパートやマンションで生活をしていると、騒音などで隣人トラブルは...

旦那は風邪をひいても心配してくれない!妻の本音!

たかが風邪と思っても、ひいてしまうと辛い風邪。旦那は心配してくれる? 風邪をひいたときに旦那に...

一人暮らしの家賃が5万円は高い?みんなはこれくらい。

憧れの一人暮らし!家賃はどのくらい?5万円は高い?安い? 家賃の値段はどのように決めたらいいの...

漂白剤は洗濯で毎回使っても大丈夫?効果的な洗濯方法

きちんと洗濯機で洗濯をしても、どうしても落ちない汚れや気になる臭い。 そんな時には漂白剤はとても便...

毎日、毎日つまらない。主婦は家事だけ?そんなことないよ!

毎日つまらない…。 なんて主婦の口から、よく聞きますが、主婦でも職業婦人でも独身でも、つまんないと...

旦那の給料はどちらが管理するべき?世間の家計管理を調査!

昔は、旦那の給料は専業主婦である妻が全て管理するのが一般的でした。ですが共働き世帯が増えた今では、だ...

本に付いてしまったカビや茶色の汚れの落とし方について

本を久しぶりに読もうと思って取り出してみると、カビや茶色のシミが付いてしまっていることありませんか?...

一人暮らしで食事がめんどくさい人必見!食事の手抜きのコツ

一人暮らしを始めると、自分のためだけの食事を用意するのってめんどくさいんですよね。 材料や調味...

夫の実家でご飯を作る場合満足されるメニューとは!

お正月やお盆の時期になると夫の実家に行くのが憂鬱と感じているママも多いのではないでしょうか? ...

車の運転が下手な女性の特徴と、起きやすい事故とありがちな事

車の運転が苦手な女性もいます。 また運転が下手だなと感じる車に多いのが女性ドライバーだったりします...

ボールペンの汚れを消す裏ワザが知りたい!こんな方法で!

色んな場面でボールペンは使いますが、気が付くとボールペンの汚れが机や壁や洋服に付いたいた!ということ...

大学生の一人暮らし、簡単・時短な食事メニュー

大学生になり、初めての一人暮らしを始める方も多いと思います。 楽しみも多い反面、気になるのは食...

毎日できるちょこちょこ掃除で簡単美部屋をキープ!

毎日忙しく過ごしていると、「部屋の掃除は週末にまとめてしようかな」と思ってしまう方も多いはず。 そ...

スポンサーリンク

初心者が趣味で絵画を書く場合もまずはデッサンから

絵の基本といえばデッサン。プロの画家や、画家を目指す人たちは数え切れないほどのデッサンを描いて「描くことの訓練」をします。

画家だけでなく、彫刻家やデザイナーなど美術・デザインに関わることの多くは、その基礎としてデッサンがあります。

デッサンとは

デッサンは目の前に置いた静物(動かないモノ)や人物・石膏像を見ながら鉛筆や木炭などの1色のみで性格に形を写し取る練習です。

きちんとした指導を受けながらデッサンの練習を積むと、構図・陰影の表現・空間の把握・質感などが描けるようになります。この技術がつくと、平面である紙の上に立体的な表現が可能になるのです。

デッサンに必要なもの(鉛筆デッサンの場合)

  • 鉛筆…デッサン用に少々高級なメーカーの鉛筆を使うことをおすすめします。
  • カッターナイフ…デッサンでは芯を長めにして鉛筆を使うので、鉛筆削りではなくカッターナイフを使って削ります。
  • 練り消し…一般的な消しゴムではなく、粘度のような柔らかい練り消しをつかいます。線を消すだけでなくハイライト表現にも使います。
  • 画用紙と画板(カルトン)…カルトンは一枚の板ではなく、中に紙を挟めるタイプが便利です。
  • イーゼル…画板を立てかけて使います。絵画教室などでは借りて使用できます。
  • フェキサチーフ(定着液)…描いた線が擦れたり汚れたりしないように定着させます。

木炭デッサンの場合は、さらに木炭・木炭の芯抜き・ボロ布のほか練り消しの変わりにバターやミルクを含まない安い食パンを使います。

初心者で絵画を!趣味でも上達をしてきたら次のステップへ

人物を性格に描くためには、単純にモデルを見て描くだけでなく人体の構造について、より深く知る必要があります。

皮膚の下にある骨格や筋肉の形状や繋がり、その関連性を理解して描くと絵に説得力が出るのです。

骨格や筋肉については漠然と記憶している部分があると思いますが、解剖学の資料などを見て関節や筋肉を詳細に見ていくと、人体の微妙な凹凸や立体感をより理解することができます。

初めから詳細な部分を覚えようとするのではなく、始めは大まかな部分から。身についてきたら、徐々に細かい部分をおぼえて絵に生かしていきます。骨や筋肉には部位によって細かく名称がありますが、それらの正式名称までを記憶する必要はありません。

人体の構造を理解して身につけると、自然と描けるようになってきます。ポーズを変えても、基本的な構造を理解していると自然とバランスの取れた絵が描けるようになります。

初心者が趣味で絵画を始めるときデジタルから入ってみてもOK

最近はパソコンやタブレットを使って絵を描く環境が整ってきました。デジタルイラストを描くために必要なものを見ていきましょう。

  • パソコン

趣味で描くだけならずば抜けてハイスペックなものは必要ありません。ただ、使用するソフトにもよりますが、メモリは8GB以上のものを選ぶことをおすすめします。

  • ペンタブレット・液晶タブレット

ペンタブレットとは、板状の入力面にマウスのような役割のペンを使って描いていく機器です。手元で線を描き、目はディスプレイを追うので最初は違和感がありますが、なれるとスムーズに描けるようになります。

液晶タブレットは、画面に直接描き込む感覚で使えます。ただし、機器が高価なのでイラスト初心者が使うには敷居が高いといわざるを得ません。

  • イラストソフト

イラストソフトにも種類があり、何万円もするものからフリーで使えるものまであります。始めは無料のものか数千円程度のものから初めてみるといいでしょう。

絵を描きたいと思ったら、まずはどんなタイプかを考えてみよう

【イラスト風】

アニメ・漫画・キャラクターなど描く人の数だけタッチはあります。好きなアニメや漫画の模写から初めてオリジナリティを追求するのが近道。

陰影や光の表現など、デジタル処理でその可能性はさらに広がりました。もちろん、従来のペンやマーカー、インク、絵の具、色鉛筆…など、表現も道具も自由です。

【リアル風】

人物や風景を本物のようにリアルに描くのは、絵画を中心に見られる手法です。想像で描くと遠近感や陰影の付け方などに違和感が生じることがあるので、外に出かけて描くのもいいでしょう。また、写真などをもとに描くと手軽ですね。

【抽象画】

ピカソに代表される、一見すると何が描いてあるかわからないような絵。創造性、想像力を自由に表現します。ただし、基礎ができていない人が挑戦すると、ただの「ヘタクソな絵」と見られてしまうので要注意。

楽しいから絵を描く。その気持ちを忘れないことが大切

絵は上手な方がいい。

もちろん、そう思ってしまうことは当然です。しかし、人の心に訴える絵に「上手い」「ヘタ」は関係ありません。

プロが描き込んで仕上げた絵でも、さほど印象に残らないケースがあれば、子供のらくがきに心打たれることもあるでしょう。

絵を描くことが好きな人ほど、実際に描いたときに理想とかけ離れていて悩んだり苦しんだりすることあります。

でも、絵はすぐに上達するものではありません。毎日、何年も描き続けているうちに確実に得るものがあります。

まずは楽しんで描くこと。絵は紙と一本の鉛筆・ペンがあればいつでも描けます。どうしても上達したいところはがむしゃらにがんばることも必要ですが、楽しむことを忘れずに続けていると描きたいことが描けるようになるのではないでしょうか。

 - 生活