探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

趣味で絵画!初心者はまずナニから?絵画や絵の始め方

2018.9.16

趣味で絵画を始める方、最近多いですよね。初心者だと最初はナニから始めていいのか迷ってしまいます。

そこで絵画や絵を始めるときに、まず揃える物、そしてデッサンの仕方についてもご紹介いたします。

また絵を描くときには自分はどのようなタイプの絵を描きたいのかも、最初に決めておくと良いでしょう!
デジタルで絵を書くという方法もありますので、自分にあった方法を探してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

誕生日はケーキがなくても大丈夫!代わりに素敵なサプライズを!

誕生日のお祝いには欠かせないケーキ!でも中には甘いものが苦手だったり、生クリームが嫌いだったりする人...

アパートの騒音…。下の階からの苦情や対応について!

アパートなどの共同住宅に住んでいると多い騒音問題…。 下の階からの苦情が多いと言いますが、苦情...

浴室に水垢が!床についた水垢の原因や予防策について

浴室に水垢が付いてしまった事ありませんか?床や鏡などは特に目立ちますよね・・・。 そんな厄介な...

妊娠の報告をサプライズで伝える!妊娠報告のタイミングと方法

自分のお腹の中に赤ちゃんがいるとわかったら、どんなふうに妊娠の報告をしたら良いのか悩みますよね!いつ...

トイレの頑固な水垢を除去する方法や予防方法を伝授

トイレの汚れの原因を知っていますか? その汚れの原因が分かれば使うべき洗剤は分かって掃除がきっ...

上階の騒音に困っている!報復はするかしないか。対策方法

マンションやアパートでの生活で、苦情としてあげられるのが騒音問題です。 そしてやはり上階に住ん...

リュックを背負ったまま満員電車に乗るのは迷惑!電車のマナー

ただでさえ憂鬱な満員電車ですが、時々リュックを背負ったまま満員電車に乗車してくる人もいますよね。リュ...

電車で座席を詰めないのはナゼ?詰めない人の心理について

電車が混んでいるのに座席を詰めない!最近割とよく見かける光景です。 なぜスペースを開けるのか?...

パンを冷凍する時にアルミホイルを利用してみて!

パンも冷凍できるって知っていましたか?冷凍時にはアルミホイルが役立つんですよ。 どうしてアルミ...

洗濯機に水道が接続できない!給水ホースの取り付け方法について

引越しをしたりすると洗濯機に水道を接続できないことありますよね。そんな場合はどこを確認すると良いので...

旦那は風邪をひいても心配してくれない!妻の本音!

たかが風邪と思っても、ひいてしまうと辛い風邪。旦那は心配してくれる? 風邪をひいたときに旦那に...

実家に帰省する回数は年にこのくらい・・・。みんなの事情。

自分の実家や、配偶者の実家にはどのくらいの頻度で帰省していますか? 半年に一度という回数が多い...

仕事と家事が両立できないのは当たり前!上手な手抜きを覚えよう

仕事と家事が両立できない自分に、自己嫌悪になってしまっている方も多いのでは? そもそも、仕事と...

子供と大人が一緒のベッドで寝る時の転落防止策

子供と一緒に大人のベッドで寝ている方も多いのではないでしょうか。 そんな時、転落防止策はどうし...

友達に会話がつまらないと思われているかも!?その特徴や解決策

友達との会話で相手の反応があまり良くないと、「つまらないと思っているのかも…」と不安になりますよね。...

スポンサーリンク

初心者が趣味で絵画を書く場合もまずはデッサンから

絵の基本といえばデッサン。プロの画家や、画家を目指す人たちは数え切れないほどのデッサンを描いて「描くことの訓練」をします。

画家だけでなく、彫刻家やデザイナーなど美術・デザインに関わることの多くは、その基礎としてデッサンがあります。

デッサンとは

デッサンは目の前に置いた静物(動かないモノ)や人物・石膏像を見ながら鉛筆や木炭などの1色のみで性格に形を写し取る練習です。

きちんとした指導を受けながらデッサンの練習を積むと、構図・陰影の表現・空間の把握・質感などが描けるようになります。この技術がつくと、平面である紙の上に立体的な表現が可能になるのです。

デッサンに必要なもの(鉛筆デッサンの場合)

  • 鉛筆…デッサン用に少々高級なメーカーの鉛筆を使うことをおすすめします。
  • カッターナイフ…デッサンでは芯を長めにして鉛筆を使うので、鉛筆削りではなくカッターナイフを使って削ります。
  • 練り消し…一般的な消しゴムではなく、粘度のような柔らかい練り消しをつかいます。線を消すだけでなくハイライト表現にも使います。
  • 画用紙と画板(カルトン)…カルトンは一枚の板ではなく、中に紙を挟めるタイプが便利です。
  • イーゼル…画板を立てかけて使います。絵画教室などでは借りて使用できます。
  • フェキサチーフ(定着液)…描いた線が擦れたり汚れたりしないように定着させます。

木炭デッサンの場合は、さらに木炭・木炭の芯抜き・ボロ布のほか練り消しの変わりにバターやミルクを含まない安い食パンを使います。

初心者で絵画を!趣味でも上達をしてきたら次のステップへ

人物を性格に描くためには、単純にモデルを見て描くだけでなく人体の構造について、より深く知る必要があります。

皮膚の下にある骨格や筋肉の形状や繋がり、その関連性を理解して描くと絵に説得力が出るのです。

骨格や筋肉については漠然と記憶している部分があると思いますが、解剖学の資料などを見て関節や筋肉を詳細に見ていくと、人体の微妙な凹凸や立体感をより理解することができます。

初めから詳細な部分を覚えようとするのではなく、始めは大まかな部分から。身についてきたら、徐々に細かい部分をおぼえて絵に生かしていきます。骨や筋肉には部位によって細かく名称がありますが、それらの正式名称までを記憶する必要はありません。

人体の構造を理解して身につけると、自然と描けるようになってきます。ポーズを変えても、基本的な構造を理解していると自然とバランスの取れた絵が描けるようになります。

初心者が趣味で絵画を始めるときデジタルから入ってみてもOK

最近はパソコンやタブレットを使って絵を描く環境が整ってきました。デジタルイラストを描くために必要なものを見ていきましょう。

  • パソコン

趣味で描くだけならずば抜けてハイスペックなものは必要ありません。ただ、使用するソフトにもよりますが、メモリは8GB以上のものを選ぶことをおすすめします。

  • ペンタブレット・液晶タブレット

ペンタブレットとは、板状の入力面にマウスのような役割のペンを使って描いていく機器です。手元で線を描き、目はディスプレイを追うので最初は違和感がありますが、なれるとスムーズに描けるようになります。

液晶タブレットは、画面に直接描き込む感覚で使えます。ただし、機器が高価なのでイラスト初心者が使うには敷居が高いといわざるを得ません。

  • イラストソフト

イラストソフトにも種類があり、何万円もするものからフリーで使えるものまであります。始めは無料のものか数千円程度のものから初めてみるといいでしょう。

絵を描きたいと思ったら、まずはどんなタイプかを考えてみよう

【イラスト風】

アニメ・漫画・キャラクターなど描く人の数だけタッチはあります。好きなアニメや漫画の模写から初めてオリジナリティを追求するのが近道。

陰影や光の表現など、デジタル処理でその可能性はさらに広がりました。もちろん、従来のペンやマーカー、インク、絵の具、色鉛筆…など、表現も道具も自由です。

【リアル風】

人物や風景を本物のようにリアルに描くのは、絵画を中心に見られる手法です。想像で描くと遠近感や陰影の付け方などに違和感が生じることがあるので、外に出かけて描くのもいいでしょう。また、写真などをもとに描くと手軽ですね。

【抽象画】

ピカソに代表される、一見すると何が描いてあるかわからないような絵。創造性、想像力を自由に表現します。ただし、基礎ができていない人が挑戦すると、ただの「ヘタクソな絵」と見られてしまうので要注意。

楽しいから絵を描く。その気持ちを忘れないことが大切

絵は上手な方がいい。

もちろん、そう思ってしまうことは当然です。しかし、人の心に訴える絵に「上手い」「ヘタ」は関係ありません。

プロが描き込んで仕上げた絵でも、さほど印象に残らないケースがあれば、子供のらくがきに心打たれることもあるでしょう。

絵を描くことが好きな人ほど、実際に描いたときに理想とかけ離れていて悩んだり苦しんだりすることあります。

でも、絵はすぐに上達するものではありません。毎日、何年も描き続けているうちに確実に得るものがあります。

まずは楽しんで描くこと。絵は紙と一本の鉛筆・ペンがあればいつでも描けます。どうしても上達したいところはがむしゃらにがんばることも必要ですが、楽しむことを忘れずに続けていると描きたいことが描けるようになるのではないでしょうか。

 - 生活