探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

話が長い!女は永遠喋り続ける生き物。会話を切上げるコツとは

2018.10.27

話が長い!

男性は、結論のない会話はしません。
ですが、女性は会話に結論なんて求めていません。
喋りたいのです。
ただただ喋りたいのです。
結論ではなく、共感を得たいのです。
共感を得られなければ、永遠喋り続けると言っても過言ではないでしょう。

男の子と女の子を育てたから、わかります。
女の子は眠りにつく寸前まで、喋っています。

話が長いのではなく、話すことが止まらないのです。

脳の作りや、性差については語りません。
とにかく女は喋ります。

長い話をする人の特徴と、その会話の切り上げ方につていご紹介します。

あっ!最後に、女性の話を忍耐強く否定せずに聞き続ける男性は、モテます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

保育園が休みになることが多い警報が出た時の対応について

保育園にお子様を預けてママが一番困るのは、お子様の急なお休みですよね。 台風の多い季節になると、暴...

洗濯機に水道が接続できない!給水ホースの取り付け方法について

引越しをしたりすると洗濯機に水道を接続できないことありますよね。そんな場合はどこを確認すると良いので...

妊娠の報告をサプライズで伝える!妊娠報告のタイミングと方法

自分のお腹の中に赤ちゃんがいるとわかったら、どんなふうに妊娠の報告をしたら良いのか悩みますよね!いつ...

タロットリーディングのコツとは?大切なのは想像力!

タロット占い初心者にとって難しいのが、タロットリーディング(読み方)です。 練習を重ねること...

スーパーのお惣菜は消費期限内に食べよう!期限の違いについて

スーパーで販売されているものには、“消費期限”や“賞味期限”が記載されていますよね。 お惣菜は...

トイレの頑固な水垢を除去する方法や予防方法を伝授

トイレの汚れの原因を知っていますか? その汚れの原因が分かれば使うべき洗剤は分かって掃除がきっ...

夢に同じ人が出てくる、それも毎日…これはお告げなのか

夢に同じ人が毎日登場したら、それはとても心の印象強く残るもの。 その人は、意識していなかった人...

子持ちの再婚を反対されたら?再婚に反対する理由やその心理とは

子持ちの再婚。 男性側が子持ちで、女性が初婚の再婚。 女性側が子持ちで、男性が初婚の再婚 ...

ハイドロカルチャーの植え替え方法とは?土から植え替えるとき

土からハイドロカルチャーに植え替えるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? ...

貧乏OL脱出計画!今からできる節約術をご紹介

貧乏OLはもう嫌!貧乏から抜け出したい!という方も多いのではないでしょうか。 一人暮らしOLだ...

父親の不在が娘に与える影響!父親不在は心にこんな影響を与える

父親が不在の家庭で育った子供たちは、父親がいないということで心に影響が出てしまうこともあります。 ...

女性の人生は本当に楽かどうか、聞いてみました

「女は楽でいいな」そんな考えはどうなの? 昔と現代では大分事情が変わってきているのではないでし...

電車で座席を詰めないのはナゼ?詰めない人の心理について

電車が混んでいるのに座席を詰めない!最近割とよく見かける光景です。 なぜスペースを開けるのか?...

風呂の浴槽の水垢汚れを効果的に落とすコツと予防方法

風呂の浴槽をふと見ると水垢が目につくなんてことありますよね。 そして、その気になる水垢ですが、...

出来ればしたくない姑との同居!回避する方法

姑との同居に世の中のお嫁さんは「絶対無理!なんとしても回避したい」と思っている人は多いのではないでし...

スポンサーリンク

話が長い人の特徴とは?女性は結論のない話を永遠にします

女性の多くは話が好きな生き物

オチがついた面白い話を得意とする人もいれば、話の結論がはっきりせず長々とした話をする人もいますよね。

男性は、頭の中で話をまとめて整理してから話すことができるので、論点だけを簡潔に話すことが多いですが、女性の場合は、頭に思い浮かぶ事柄を次々と話すため、会話の内容に尽きるといったことは少なく、井戸端会議のように延々と話すことも得意です。

男性と女性の脳の構造の違い

よく男性は競争主義の競争脳で、女性は共感主義の共感脳ということが言われていますよね。

男性は結論に向けて話をしますが、女性は話すという行為で自分を表現したり、安心するのです。

話が長い人の特徴

  • しゃべるという行為自体が好き
  • 話の要点をまとめられない
  • 言いにくい話題を遠回りをして話す
  • 記憶力が弱くなっている

話が長い!でも聞かなきゃ!女性の話を聞き続けるためのコツとは?

男性同士の明確な話とは違い、女性の話は長いけれど、じっくり聞くと男性の考えとはまた違うという意味で刺激になったり、とても面白いものです。

1つの話を男性は筋道立てて話すことができますが、女性の頭には話に関連するピースがたくさんあり、それらを思い浮かんだ順に話すので、男性からすると「?」と思うこともありますが、女性の頭の中ではちゃんとピースがつながっていると考えるとわかりやすいですね。

また同じ話か…ということや、何で全然違う話になった?という場合もありますが、女性の頭の中ではちゃんと組み立てられているのです。

新しくできたラーメン屋があったとします。

このラーメンが美味しくて、男性の友達に「あそこのラーメン屋がうまかった」と言ったとしたら、その友達は「あそこより俺の知っている○○の方がうまいよ」などという会話が多くないでしょうか。

女性の場合は、共感脳なので「そうなんだー!じゃあ今度一緒に行こうよ」という答えが返ってくることが多いです。

女性は共感してもらってうれしい気持ちになるので、話をちゃんと聞いてくれる男性には信頼を寄せて心を開くことが多いです。

逆に聞いているふりをしてつまらなそうにしている男性は早々に見抜く感受性があるので、好意のある女性の話は最後までちゃんと聞くことが大切ですよ。

話が長い上に、これはダメ!こんな女性は嫌われます!

男性から見た女性の話

自分とは違う観点で新しい発見があったり刺激があって面白いと感じることもありますが、中には「いい加減にしてくれ」という話をする女性もいます。

女性の会話に多いのが、自分の身の周りでの出来事ですが、その中でも職場や友人の愚痴などを延々と聞かされるのは苦痛でしかありませんよね。

女性同士だと、この愚痴が話題として盛り上がるのはわかるのですが、これを1対1で、しかもまったく自分には関係ない話として聞かされるのは本当にキツイです。

愚痴を言う女性の心理

ただ彼氏に聞いてもらいたいという気持ちが大きいのでしょうが、聞かされる彼氏の身になってほしいですよね。

話を聞きながら、反対意見を言おうものなら不機嫌になる女性であれば、ただ聞いてもらいたい、自分の考えに共感して「○○は悪くないよ」と言ってもらいたいという気持ちが大きいということでしょう。

これも度を超えて会うたびに愚痴や自分を正当化する話を長々とされたら、彼氏としても心が離れてしまうことも仕方ないかもしれません。

話が長い女性の特徴を知って、相槌の打ち方を考えよう!

話にゴールが見えない、延々と話し続ける女性の心理

どこかで自分を認めてほしいと思っている人が多いと言えます。

これは承認欲求と呼ばれるもので、よく子供がママが忙しいときに限って何度も同じ話をしてくるということがありますが、これはママを困らせてやろうという気持ちはなく、ママにもっとかまってほしいという欲求のことです。

女性も同じで、この承認欲求が高い人ほど自分に自信がなく、不安な気持ちがあるので、誰かに認めてほしいという気持ちが強いのです。

このような人は相手のことを考えず、とにかく自分の話をしつこいくらいに繰り返し、共感してもらいたいという気持ちがあります。

また、自己肯定感が強く、自分大好き!という明るい人も話が長い人が多いです。

このような人は話題に尽きることはありませんが、自分が話すことで満足するので、他の人の話を聞くのが苦手という傾向があります。

話を聞くときは、つまらなそうな態度を表に少しでも出すと不機嫌になることが多いので、全力で聞いているという態度で臨むことが大事です。

目に力を入れたり、「そうだね。」「分かるよ。」などという相槌の言葉にも力を入れるだけでも、相手からはちゃんと聞いてくれていると判断されます。

ずっと相槌ばかり打つのではなく、時々質問をさりげなく挟むということも効果的です。

話が長い女性との会話の切り上げ方とは?

いつ終わる?延々と続く女性の話をうまく切り上げる方法

話している女性を不機嫌にさせず、話を終わらせるためには、「共感」が重要です。

相槌を打ちつつ、切り上げたいというタイミングで「君の考えていることはよく分かるよ。」というまずは共感の姿勢を見せてから「俺も今度会う時までいい方法考えてみるよ」ということで話の腰を折らずに話を切り上げる作戦です。

彼女も、彼氏が共感してくれて一緒に考えてくれるということで気持ちが落ち着くことがあります。

また、時間が取れないときに話が長くなりそうなときには、あらかじめ自分の都合でリミットがあることを最初に伝えるとスムーズです。

「明日早いから今日は10分くらいしか時間がとれないけどいいかな」など時間を設定することで、話す相手もその時間で伝えることをまとめてくれることが多いです。

 - 生活