探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

2018.10.28

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活を疲れると感じています。また、成長期のため眠気を感じる子供もいるようです。

学校から帰宅した子供が短時間の仮眠をとって寝ることには効果がありますので、少しの時間仮眠をとらせてあげると良いですよ!

そこで今回は、学校生活で疲れている子供が仮眠をとって寝ることの効果や、生活リズムについてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

とても辛い生理痛・・・腰痛に効果がある湿布はコレ!

生理痛で腰の痛みが出た場合、湿布を張っても大丈夫?貼るとしたら、温湿布?冷湿布? 生理痛で腰痛...

いじめが辛くて高校を退学したい!いじめからは逃げてもいいよ

高校で周りの友達からいじめを受けている、いじめが原因で高校に行くのが辛い・行きたくないというとき、高...

幼稚園の個人面談!先生や親が聞くことについて

幼稚園の個人面談って時間が決まっていて聞きたいことが聞けなかったという親もいると思います。 し...

卵巣に痛みが!ズキズキ痛い時に考えられる原因とは

卵巣がズキズキと痛む症状に悩まされている人はいませんか?その痛みの原因は一体何なのでしょうか? ...

『夜納豆』のススメ!太る原因の悪玉菌を減らして腸美人

納豆やキムチなどの発酵食品は、腸内フローラのバランスを整えてくれます。 でも、その納豆を食べる...

太ももの外側をストレッチして張りを解消!その方法を教えます!

太ももの外側ってよく張ったりしませんか?実はそれが脚を太く見せる原因かもしれません。 その張り...

フリースクール高校の寮生活では学ぶことがたくさんある!

様々な理由から、学校に行くことができなし、不登校になってしまったという生徒が多く通うフリースクール。...

校則が厳しい日本の高校~よくある校則から笑える校則まで

あなたの高校の校則は厳しいですか? きっと多くの方が「はい」と答えると思います。 この厳しい校則...

眼鏡の度数は弱めがいいってホント?度数の決め方を教えます!

眼鏡の度数を決めるのって難しいですよね。 弱めの方がいいという意見があったり、遠くが見えた方が...

足のむくみに効果的なマッサージ機やセルフマッサージ

足のむくみは多くの女性の悩みです。 立ち仕事やデスクワークなどで、仕事から帰る頃には靴がきつく...

学校を遅刻した時に使える言い訳・笑っちゃうような面白い言い訳

学校を遅刻してしまった時、あなたならどうしますか? 「体調を崩した」というのが一般的な言い訳に...

手首の血管に出来たこぶは?隠されている病気の正体!

気付けば手首にこぶが出来ている…そんな経験はありませんか? その原因って何なのか、気になります...

大学に行きたくない。涙があふれる。行きたくない一番の理由とは

大学に行きたくない。 大学のことを考えると、涙が溢れてくる。 大学に行きたくないなんて、甘え...

子宮がチクチク・・・生理後にもお腹が痛い原因について

生理前や生理中、生理の後もお腹の痛みが続くようならこんな病気が原因かもしれません。 子宮がチク...

幼稚園の先生に不信感を持ってしまったら?対処方法とは

幼稚園の先生が子供にこんな態度をとっていたなら、不信感が芽生えてしまうのも親としては仕方がないこと?...

スポンサーリンク

学校が疲れる?成長期の子供の寝る時間が多い理由

子供が中学校になると、小学校の頃と比べて、あまり寝なくても良いのではないかと考える親もいると思います。しかし、この時期は、睡眠時間は小学生時代と同じくらい必要であるとされています。

13歳では9時間ほど、15歳でも約9時間寝ており、あるアンケートでも、夏休みに寝ている時間は7時間以上に及ぶことが結果としてわかっています。

昔は受験のシーズン、志望校に合格するには睡眠時間を減らすことが重視されていて、そのため、子供が寝ていると「うちの子は合格できるのかしら?」と不安に思うこともあったと思います。しかし、成長期であるお子さんが、4時間などの睡眠で充分だとは思えませんよね。例え受験生だとしても、ある程度の睡眠時間は必要になってきます。オンとオフをしっかりと考えて、メリハリのある生活が必要となってくるのではないでしょうか。

学校生活は疲れる!少しの時間仮眠をとって寝ることは有効です

学生は学校で授業を受けるので、そこで頭を使います。また、部活でも疲れます。つまり、帰宅するまでには、脳は疲れています。

疲れたままで帰宅して、勉強するのは、あまり効率の良い方法ではありません。

それで問題がないのであればよいのですが、そのまま、ダラダラと時間をすごしてしまう人もいるのではないでしょうか。

学校での疲れを感じる時は、帰宅した後に少し仮眠をとるのが良いのかもしれません。
時間にして、30分以内でです。これで、少しは脳もリフレッシュできると思います。

仮眠をとらずに、例えばマンガを読むなどの別のリフレッシュ方法をとってしまうと、やる気もなくなり、時間が無駄に過ぎていってしまいまうs。

疲れているなっと感じているなら、思い切って仮眠をとった方がよさそうです。
その後の方が、頭がスッキリして、集中して勉強することができそうです。

学校や私生活で疲れる子供たち・ぐっすり寝るポイントは?

学校や私生活で疲れた子供たちの安眠方法

夕食を食べる時間を早くする

熟睡できない原因として、寝ているときに胃に食べ物が残っていると、体に疲れが残ってしまい、それが次の日まで持ち越しになってしまいます。それを妨げるためにも、夕食の中身も、胃に優しいもの、また、時間も寝る3時間前までに食べるようにしましょう。

寝るタイミングはお風呂のあと

眠りにつくタイミングですが、体温が下がった後になります。なので、お風呂に入って一度体温が上がり、入った後に体温が下がった後に、よい睡魔がきます。
その睡魔がくる前に、その日にやるべきことをやってしまいましょう。

また、睡魔を邪魔するものとして、目を刺激する、スマホなどはみないようにしましょう。

寝る時間

次の日に起きるタイミングを早くするために、早めに寝ましょう。でも早めとはいえ夜9時以前だと、体温が中々下がらないので、寝るタイミングとしては最善ではありません。すぐに起きてしまうので、注意が必要になります。

学校が疲れると感じる子供は多い!帰宅後に寝る人は生活リズムを見直して

学校生活は学生にとって疲れると感じています。

中学生は小学校との違いを感じている分、余計疲れを感じているのかもしれません。

しばらくしたら、慣れてはきますが、それでも部活をしていると、疲れがたまってきます。

部活をした後、疲れが原因でそのまま寝てしまう。そんな場合ですが、解決策が必要になってきます。

「学校から帰る→ご飯→寝る」という流れから「学校から帰る→ご飯→勉強」このパターンにすると心で決めるのです。

最初は辛いかもしれませんが、段々と慣れてきます。そして、ご褒美に勉強のあとに、自分が好きなゲームなど、趣味をしてみたらいかがでしょうか。そうすることで、勉強にもやるきが起きるのではないでしょうか。

疲れが取れない子供も多い!規則正しい生活が大切

学校での疲れがとれない子供の対策

規則正しい生活、早寝早起きが大切になってきます。

中には、遅寝遅起きをしている人がいますが、それをしてしまうと、自律神経が崩れてしまい、時間としては午前中、あまり調子がよくない結果に陥ってしまいます。

生活リズムが崩れる起こる不調

  1. 自分で起きれなくなる
    自分で起きることができることを、自律起床といいますが、それをすることができるには、よい睡眠をとる必要があります。
  2. 朝、食べ物を食べなくなる
    朝、朝食を食べなくなります。それになれてくると、朝、食欲がなくなります。
  3. 排便が不規則になる
    便秘がちになり、それが原因で体調を落とす原因になります。

上記の点ですが、繰り返されると、体がぱっとせずに、余計なところでエネルギーを費やします。何気ないとは思いますが、規則正しい生活をすると、体は改善されていきます。

 - サークル/部活/学校, 健康