探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

2018.10.28

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活を疲れると感じています。また、成長期のため眠気を感じる子供もいるようです。

学校から帰宅した子供が短時間の仮眠をとって寝ることには効果がありますので、少しの時間仮眠をとらせてあげると良いですよ!

そこで今回は、学校生活で疲れている子供が仮眠をとって寝ることの効果や、生活リズムについてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

学校の下駄箱が臭い!臭いの原因や臭いを防ぐ方法を紹介します!

学校の下駄箱が臭い・・・。この臭いで悩んでいる人、不快に思っている人もいるでしょう。 そもそも...

祖母の容態悪化で喪中になるかも。結婚式はどうするべきか

祖母が亡くなった場合、四十九日の期間はお祝い事を避けるべきだと言われています。 人はいつ亡くな...

学校へ行きたくないというのは甘えにになるのか検証

子供が突然「学校に行きたくない」と言い出したら親としては心配だし、戸惑ってしまいますよね。 「...

大学に行きたくない。涙があふれる。行きたくない一番の理由とは

大学に行きたくない。 大学のことを考えると、涙が溢れてくる。 大学に行きたくないなんて、甘え...

大学って、何がそんなに忙しいの?彼氏が忙しい理由とは

大学やサークル、アルバイトが忙しいという彼氏。 それって本当の理由!? 二股掛けられてたり、...

大学の新入生ガイダンスは行かないよりも絶対行くべき!

大学で行われる新入生ガイダンスは、これから大学生活を行う上での注意事項や履修登録、年間スケジュールな...

集団討論でコツや高校の評価するポイントを抑えて乗り切る方法

集団討論を高校受験において乗り切るためには、コツやポイントを抑えておく必要があります。 では、...

夢のせいで眠っても毎日の疲れが取れないと感じる理由

毎日きちんと眠っているけど夢で疲れてしまう感じがする。体の疲れが取れない。そう感じることがあります。...

一人暮らしの食事を見直そう!男性でも簡単に自炊生活

男性の一人暮らしはコンビニ弁当やスーパーのお弁当が多いイメージですが、皆さんどのような食事をされてい...

風邪では病院へ行かない。そんな方の行かない理由を聞いてみた

アナタは風邪をひいたら病院に行く?行かない?意見が分かれるところですよね~。 実は行かない!と...

中学で部活に入らない道を選ぶのもアリ?メリットを教えます!

高校受験には中学の内申点が影響しますが、部活に入らないと内申点はどうなるのでしょうか? 確かに...

高校時代の思い出がないのは自分だけじゃない!

あなたの高校生生活はどうでしたか? 楽しい思い出や思いだしたくない過去・・・。色んな思い出があ...

大学に行くお金がない!そんな時の奨学金や教育ローンについて!

大学に行きたいけどお金がない…。お金がないからと大学に進学する事を諦めていませんか? そんな場...

部活は上下関係を学ぶ場所?部活で本当に得られる事とは

中学校に入ると部活を始める子が多くなりますよね。体育系、文化系ともに部活では上下関係を学ぶ良い機会だ...

校則が厳しい日本の高校~よくある校則から笑える校則まで

あなたの高校の校則は厳しいですか? きっと多くの方が「はい」と答えると思います。 この厳しい校則...

スポンサーリンク

学校が疲れる?成長期の子供の寝る時間が多い理由

子供が中学校になると、小学校の頃と比べて、あまり寝なくても良いのではないかと考える親もいると思います。しかし、この時期は、睡眠時間は小学生時代と同じくらい必要であるとされています。

13歳では9時間ほど、15歳でも約9時間寝ており、あるアンケートでも、夏休みに寝ている時間は7時間以上に及ぶことが結果としてわかっています。

昔は受験のシーズン、志望校に合格するには睡眠時間を減らすことが重視されていて、そのため、子供が寝ていると「うちの子は合格できるのかしら?」と不安に思うこともあったと思います。しかし、成長期であるお子さんが、4時間などの睡眠で充分だとは思えませんよね。例え受験生だとしても、ある程度の睡眠時間は必要になってきます。オンとオフをしっかりと考えて、メリハリのある生活が必要となってくるのではないでしょうか。

学校生活は疲れる!少しの時間仮眠をとって寝ることは有効です

学生は学校で授業を受けるので、そこで頭を使います。また、部活でも疲れます。つまり、帰宅するまでには、脳は疲れています。

疲れたままで帰宅して、勉強するのは、あまり効率の良い方法ではありません。

それで問題がないのであればよいのですが、そのまま、ダラダラと時間をすごしてしまう人もいるのではないでしょうか。

学校での疲れを感じる時は、帰宅した後に少し仮眠をとるのが良いのかもしれません。
時間にして、30分以内でです。これで、少しは脳もリフレッシュできると思います。

仮眠をとらずに、例えばマンガを読むなどの別のリフレッシュ方法をとってしまうと、やる気もなくなり、時間が無駄に過ぎていってしまいまうs。

疲れているなっと感じているなら、思い切って仮眠をとった方がよさそうです。
その後の方が、頭がスッキリして、集中して勉強することができそうです。

学校や私生活で疲れる子供たち・ぐっすり寝るポイントは?

学校や私生活で疲れた子供たちの安眠方法

夕食を食べる時間を早くする

熟睡できない原因として、寝ているときに胃に食べ物が残っていると、体に疲れが残ってしまい、それが次の日まで持ち越しになってしまいます。それを妨げるためにも、夕食の中身も、胃に優しいもの、また、時間も寝る3時間前までに食べるようにしましょう。

寝るタイミングはお風呂のあと

眠りにつくタイミングですが、体温が下がった後になります。なので、お風呂に入って一度体温が上がり、入った後に体温が下がった後に、よい睡魔がきます。
その睡魔がくる前に、その日にやるべきことをやってしまいましょう。

また、睡魔を邪魔するものとして、目を刺激する、スマホなどはみないようにしましょう。

寝る時間

次の日に起きるタイミングを早くするために、早めに寝ましょう。でも早めとはいえ夜9時以前だと、体温が中々下がらないので、寝るタイミングとしては最善ではありません。すぐに起きてしまうので、注意が必要になります。

学校が疲れると感じる子供は多い!帰宅後に寝る人は生活リズムを見直して

学校生活は学生にとって疲れると感じています。

中学生は小学校との違いを感じている分、余計疲れを感じているのかもしれません。

しばらくしたら、慣れてはきますが、それでも部活をしていると、疲れがたまってきます。

部活をした後、疲れが原因でそのまま寝てしまう。そんな場合ですが、解決策が必要になってきます。

「学校から帰る→ご飯→寝る」という流れから「学校から帰る→ご飯→勉強」このパターンにすると心で決めるのです。

最初は辛いかもしれませんが、段々と慣れてきます。そして、ご褒美に勉強のあとに、自分が好きなゲームなど、趣味をしてみたらいかがでしょうか。そうすることで、勉強にもやるきが起きるのではないでしょうか。

疲れが取れない子供も多い!規則正しい生活が大切

学校での疲れがとれない子供の対策

規則正しい生活、早寝早起きが大切になってきます。

中には、遅寝遅起きをしている人がいますが、それをしてしまうと、自律神経が崩れてしまい、時間としては午前中、あまり調子がよくない結果に陥ってしまいます。

生活リズムが崩れる起こる不調

  1. 自分で起きれなくなる
    自分で起きることができることを、自律起床といいますが、それをすることができるには、よい睡眠をとる必要があります。
  2. 朝、食べ物を食べなくなる
    朝、朝食を食べなくなります。それになれてくると、朝、食欲がなくなります。
  3. 排便が不規則になる
    便秘がちになり、それが原因で体調を落とす原因になります。

上記の点ですが、繰り返されると、体がぱっとせずに、余計なところでエネルギーを費やします。何気ないとは思いますが、規則正しい生活をすると、体は改善されていきます。

 - サークル/部活/学校, 健康