探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

マンションの上の階の足音がうるさいときの解決策!

2018.9.24

マンションの住民トラブルの中でも多いのが「足音」による騒音問題です。

足音は上の階から下の階へ伝わりやすいため、一度気になり始めると引っ越しを考えてしまいたいくなるほどです。

足音をなんとかしたい!まずは何か行動を起こしますが、相談する場合もコツがあります。

マンションの上の階の足音がうるさいときの解決策について考えました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生の一人暮らし、簡単・時短な食事メニュー

大学生になり、初めての一人暮らしを始める方も多いと思います。 楽しみも多い反面、気になるのは食...

友達が少ない人は休日、どう過ごしたらいい?休日の過ごし方

世の中は友達が多い人ばかりではありません!友達が少ない人は、お休みの日はどんな過ごし方をしているので...

久しぶりに出したスーツがカビ臭い!実践して欲しいケアの仕方

普段スーツを着ない方は、しばらくクローゼットの中にスーツが眠っていますよね。 いざ着ようと思っ...

結婚後の夫婦のお財布はどうしてる?生活家計事情をさぐる!

夫婦のお財布事情はお互いに把握できていますか?そう聞かれたらきちんと答えらる人の方が少ないのではない...

ハイドロカルチャーの植え替え方法とは?土から植え替えるとき

土からハイドロカルチャーに植え替えるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? ...

旦那の給料はどちらが管理するべき?世間の家計管理を調査!

昔は、旦那の給料は専業主婦である妻が全て管理するのが一般的でした。ですが共働き世帯が増えた今では、だ...

女子グループが苦手で入れない!原因や溶け込むためにしたい事

女子グループに参加しても、会話に入ることができなかったり上手く溶け込めずに悩んでいる人も多いのでは?...

共働きで子供が3人!大変だけどいいこともたくさんあります!

子供がいて共働きをしている方は毎日バタバタと過ごしているのではないでしょうか? 子供が3人いた...

女性の人生は本当に楽かどうか、聞いてみました

「女は楽でいいな」そんな考えはどうなの? 昔と現代では大分事情が変わってきているのではないでし...

毎日できるちょこちょこ掃除で簡単美部屋をキープ!

毎日忙しく過ごしていると、「部屋の掃除は週末にまとめてしようかな」と思ってしまう方も多いはず。 そ...

【皿洗いのコツ】お皿を早く洗うコツとポイントをご紹介!

食事を済ませたあとに待っている家事が「皿洗い」です。家事の中でもお皿や食器を洗うことが好きではない・...

一人暮らしが寂しいと感じる女性にお勧めの対処法

一人暮らしを始めてすぐは寂しい気持ちになるのは当たり前です。 今まで実家で暮らしていた人は、家...

傘の盗難や取り間違え防止のためのアイディアを紹介します!

傘の盗難被害にあった人、結構多いのではないでしょうか? 学校やお店などで何度も傘を盗まれた事がきっ...

友達と絶縁したい!気まずくならない方法をご紹介

友達の中にも、苦手に感じてしまう人がいたりしますよね。 不快な思いをさせられるくらいなら、絶縁...

リュックを背負ったまま満員電車に乗るのは迷惑!電車のマナー

ただでさえ憂鬱な満員電車ですが、時々リュックを背負ったまま満員電車に乗車してくる人もいますよね。リュ...

スポンサーリンク

マンションの上の階の足音がうるさい!相談するにもコツがある!

上の階の足音や生活音など音が気になるときは、管理会社や大家さんなどに相談する人が多いと思います。しかし、相談しても相談する前と特に変わらなくて相談した意味がないと感じることもあるでしょう。

実際に注意する場合は、騒音注意の張り紙やチラシ配布、他の住人への聞き込みもします。しかし、騒音を聞いているのは階下の住人なので、管理会社や大家さんが音の原因を特定しにくくなります。

そのため、相談するときはコツがあります。管理会社や大家さんに相談するときは「上の階の音がうるさい」という風に言っていませんか?これだといつどんな音がするのかわからないので、なかなか解決につながりません。

相談する前に、音がする時間帯、部屋のどこから聞こえるのか、どんな音がするのか、毎日なのか時々なのかということを記録してください。録音出来る音の場合は録音データもとって提出しましょう。

上の階の騒音が、足音なのかテレビなのか洗濯機や掃除機、楽器など騒音の原因を特定出来れば、管理会社や大家さんも注意がしやすくなります。

上の階の住人も「○時くらいにこんな音がしている」と注意された方が、音の原因が分かって気を付けやすくなります。

マンションの上の階の足音がうるさいときの解決策

上の階の住人の足音や騒音に悩まされている場合は、うるさいと注意したいですよね。

上の階の住人に注意をする方法をいくつかご紹介します

  • 手紙を書く
    上の階の住人宛に騒音がしていることを伝えて気を付けてもらえるようにお願いする手紙を書きます。なお、ただ音が気になるから注意してほしいという内容ではなく、いつどこからどんな音が聞こえてくるのかをしっかり書いてください。音がうるさいと注意されてもどんな音が聞こえているのかわからなければ上の住人も注意のしようがありません。
  • 口頭で直接言う
    上の階の住人に直接言う方法がありますが、住人間のトラブルになることもありますので、伝えたかには充分注意しましょう。直接言う場合も、いつどこからどんな音がするのか言います。
  • 管理会社や大家さんに言う
    手紙でも口頭で直接でも、騒音を注意したことをきっかけにトラブル発展することはよくあります。出来るだけ穏便にしたい場合は、管理会社や大家さんに言って注意してもらうようにしましょう。

管理会社や大家さんによってはあまり動いてくれず、効果を感じられない場合もありますが、まずは管理会社や大家さんを通して伝えるのがおすすめです。

なお、音の聞こえ方は個人差があります。自分は気になる音でも他人が聞いたら気にならないケースもあります。家族や友人などにもその音を聞いてもらって苦情を言うレベルか判断した方がいいでしょう。

また、騒音というのは不快でイライラしてしまいますが、苦情を言う時は感情的にならないように気を付けてください。

マンションの騒音問題!上の階の足音がうるさいと下の階の人から言われた場合は?

気を付けているつもりでも階下の住人から騒音の苦情を言われてしまうこともあります。小さな子供がいたりペットを飼っている場合は、どうしても音が出てしまいますよね。かといって、「仕方ない」で済ませて良い問題ではありません。

苦情を言われたら、お互い気持ちよく生活するために対策すること

  • 会うたびに挨拶&お詫びを言う
    共用スペースなどで会った時には、「こんにちは。いつもすみません」と軽く挨拶&お詫びをして、騒音が出ないように気にかけていることをアピールしましょう。
  • 防音効果のあるマットを敷く
    ウレタンやコルクなど、防音効果のある素材のマットを敷きましょう。小さな子供やペットがいる場合は、家中敷き詰めるのがおすすめです。
    ジョイント式マットだと簡単に敷き詰めることが可能です。家中敷き詰めるとそれなりに出費がかかってしまいますが、騒音の苦情で引っ越しせざるを得なくなる事を考えれば安いものではないでしょうか。
  • 子供に説明する&出来るだけ外で過ごす
    子供が騒いで飛び跳ねたり走り回ったりしたら、「下の人が驚くから」と注意したり静かに歩くように子供には何度も説明して言い聞かせます。また、休日は出来るだけ外出して家で過ごす時間を減らします。近所の公園でも子供はたくさん遊べば体力を使うため、帰宅後は比較的静かに過ごしてくれます。

マンションの上の階の足音がうるさいというトラブルは多い!

足音は出している本人はどれくらい音が下に響いているかわからない物です。特別ドタバタ足音を立てて歩いていなくても、下の階には意外と響いて聞こえている場合があります。

足音は床への衝撃音が騒音となって響きます。衝撃音には軽量床衝撃音と重量床衝撃音という2種類に分けられますが、足音は重量衝撃音に分類できます。軽量床衝撃音は、スプーンや鍵などを落とした時のチャリンというような音です。

足音のは、足音そのものの音だけでなく、微かに振動が起こる場合もあります。子供がいる世帯で足音の苦情が来ることが多いですが、子供は大人より足音をコントロールできないためです。

大人は足音に気を付ける意識があれば、足音がならないようにコントロールして歩くことは可能ですが、子供はまだそこまで意識し続けることやコントロールが難しいため、子供がいる世帯のほうが苦情が多いのです。

体重の軽い子供の足音が騒音となるほど響くのか?と思う人もいるでしょうが、子供の足音は約55~66dBといわれています。騒音の認定が日中55dB、夜間45dBが基準とされているので、子供の足音は騒音と言えるレベルになってしまいます。

足音はマンションの上の階から下の階へ伝わりやすい!

同じ部屋から出た音でもその部屋の上の階の住人への音の聞こえ方と、下の階の住人への聞こえ方では違いがあります。音は、伝わり方に違いがあるためです。

音の伝わり方には、空気伝播音と固体伝播音がありますが、振動して伝わる媒介物の違いです。上の階から下の階への音の伝わり方は固体伝播音です。

固体伝播音も2種類あり、上の階の床面に直接音が伝わる衝撃音は下の階に響きやすい音です。物を落とした時や靴音のような高い音と、子供が飛んだり走ったり、ドスドスという足音など重い音に分けられます。

軽い音は軽量衝撃音で重い音が重量衝撃音となっていて、重量衝撃音は下の階まで響きやすい音です。この重量衝撃音は、カーペット敷きのフローリングや畳の部屋でも、下の階に響くとされています。

重量衝撃音は、大きな音になると騒音として日常生活でも気になるレベルになってしまいますので、注意が必要です。

 - 生活