探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

ミドリガメの飼育で注意したい冬眠について!上手く越冬する方法

2018.9.29

生き物の中には寒い冬を乗り越えるために冬眠する種類がたくさんいます。
冬眠と言うのはものすごくエネルギーがいり、上手く目覚める事が出来ないとそのまま永遠の眠りについてしまうほど命がけの行為です。

ペットとして親しまれているミドリガメも野生では冬眠をする生き物です。

家で飼育している場合、冬眠はさせる必要があるのでしょうか?またさせないときの方法は?ミドリガメが無事に越冬できる方法についてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫の模様は大人になると変わるの?猫の毛の色の秘密を教えます

猫の模様は成長とともに変わることが多く、子猫の頃は真っ白だったのにシマシマになった。黒猫が茶色とまだ...

犬を散歩させるなら夜がいい?安全や防犯対策もお忘れなく

犬の散歩は適度な運動になり、スキンシップが増えて愛犬からの信頼も向上? 仕事から帰宅して、夜に...

カブトムシの虫かごの白い虫は?どこから?影響や駆除方法

カブトムシの虫かごに、気がつくと白い虫がわいていることがあります。 この白い虫の正体はダニです...

猫の爪が巻き爪になって肉球に食い込んだ!定期的に爪切りを

飼っている猫ちゃんの爪が巻き爪になってそのままにしていると、爪が肉球に食い込んで怪我をしてしまうこと...

猫と相性の良い動物は?ペットとして一緒に飼う時の注意点

すでに猫をペットとして飼っていて、他の動物もペットとして迎えたい場合には、猫との相性が気になりますよ...

ペットロスの乗り越え方!ペットに会いたいときの対処法

大切な家族であるペットが亡くなってしまった、会えなくなってしまったら、心の中にポッカリと穴が空いてし...

金魚とメダカは一緒に混泳できる?注意点や混泳するポイント

金魚とメダカのひとつの水槽に入れて一緒に混泳させてみたいと思ったことはありませんか? では、金...

野良猫の鳴き声が夜中にうるさい!原因と対処法をご紹介します

夜中に響き渡る野良猫の鳴き声、うるさくて眠れないなんてこともありますよね。 野良猫が鳴くのは発...

金魚が元気ない、底にいるのは何が原因?対処方法について

なんだか最近、金魚が元気ないのが気になる。ずっと底にいるような?もしかして、エサのあげすぎ? ...

天井裏に動物が!どんな対策が必要?おすすめアイテム

天井裏になにやら動物が住み着いている?ガサガサ、ゴソゴソと物音も怖いですが、野生動物が家の中にいるこ...

犬のお腹が鳴るのは病気なの?毎日の食事や排泄に気配りを!

犬のお腹がやけに鳴って気になる。空腹ではないはずなのに、どうしてお腹が鳴るの? その多くは、胃...

ザリガニの飼育をしよう!水替えの頻度や手順について

ザリガニを飼育するのは、初心者の人でも意外と簡単に飼うことができます。 ですが長く飼育するには...

ハリネズミが脱走して見つからない時にできること!

ハリネズミはほとんど脱走はしないそうです。 脱走するとすれば、ゲージが何らかの原因で開いてしまい、...

猫を病院への連れて行き方に困った時は○○ネットが便利!

動物の中でも病気になった時に猫を病院へ連れて行く時は、なんだか暴れるんじゃないか?と連れて行き方をど...

猫の尻尾が震えるのはどんな気持ちの時?尻尾の動き別に解説

猫は感情が尻尾の動きにあらわれるので、尻尾の動きを見れば今どんな気持ちなのか読み取ることが出来ます。...

スポンサーリンク

ミドリガメは飼育下でも冬眠するもの?

初めてミドリガメを飼育したときに、気になるのは冬眠ではないでしょうか?

本来、ミドリガメは変温動物なので、寒くなると活動するのを止めて冬眠します。

ミドリガメは11月~3月頃に冬眠します。
10月に入り、気温が20度以下と寒くなってくると、餌をだんだん食べなくなります。
そして、いずれ完全に食べなくなって、体に溜まった糞を全て体外に出すのです。
糞をすべて出し切ったら、そのまま冬眠に入ります。

冬眠というのは実はとてもエネルギーの必要な行為です。
冬眠前にエサが少なくエネルギー不足だと、冬眠したまま目を覚まさない事もあるのです。
結論を言うと、家庭で飼育する場合には、水温と気温を20~25度に保てるのなら、無理に冬眠させる必要はないでしょう。

ミドリガメの体力が衰えている!飼育下なら冬眠させない方法も

ミドリガメは冬眠する動物ですが、飼育している場合は冬眠させないという方法もあります。

水温や気温を常に20~25度に保てるのでしたら、冬眠の必要はありません。

また、病気だったり、体力が衰えていたりしてミドリガメが弱っている時には、冬眠はさせないほうがよいでしょう。

先ほども記述しましたが、冬眠という行為はとてもエネルギーを使うのです。
弱っている亀が冬眠から目覚めるのは難しいでしょう。

冬眠させる場合には、健康でエネルギーに満ちている場合にしましょう。

ちなみに、全てのカメが冬眠するわけではありません。
カメは変動動物で体温を一定に保てないため、寒くなると冬眠します。
その為、熱帯地域原産のカメにはそもそも冬眠がありません。
もし、熱帯地域原産のカメを外で飼育しているのなら、寒い時期には室内へ移す必要があります。

ミドリガメを飼育! 冬眠させる方法

ミドリガメを飼育していて、冬眠させたいと思ったら寒い場所にカメを移動させる必要があります。

カメは変温動物で体温を一定に保つ機能がありません。
その為気温の変動によって、体温も上下します。

ミドリガメが冬眠に入る温度は10度以下です。

その為、その温度を維持できる場所に水槽を設置しましょう。
外気温が低くても、日光が当たるとすぐに水温は10度を越えてしまいます。
日光が当たらない場所を選ぶのも大事です。

日光が当たって目を覚ましたり、また冬眠に入ったりを繰り返すのはカメの体力を消耗させてしまいます。
必要以上にエネルギーを消耗すると、冬眠から目覚めること出来ないという事態も起こりかねません。

また、冬の寒さが厳しい地域では、気温の下がりすぎにも注意が必要です。
ダンボールで覆ったり、毛布をかけたりして温度に気をつけましょう。

水の乾燥にも注意が必要です。
水深が浅いと水温が安定しないためです。
普段より少し多めの方が冬眠しやすいでしょう。

冬場は空気が乾燥しているので、通気性のある水槽だと水の蒸発がはやくなります。
カメの甲羅が見えてきたら水を補給しましょう。

とにかく水は切らさないことが重要です。

ミドリガメを飼育していると冬眠する?させるかは飼い主が判断しよう

ミドリガメは本来冬眠をします。
外気温が低くなると体温を保てなくなるため、冬眠するのです。

同じミドリガメでも温かい地域に生息しているミドリガメは冬眠せず、北部に生息しているミドリガメは冬眠するそうです。

冬眠のメリットは繁殖能力が高まることですが、冬眠したまま目を覚まさない可能性もありますので、慎重に判断しましょう。

飼育されたミドリガメの冬眠は飼い主の判断次第で決まります。
飼育しているミドリガメの状態をよく観察するのが大事です。
ミドリガメの体調をしっかりと見極めて、冬眠させるか・させないかを選びましょう。
冬眠から目覚めないのは、悲しいですものね。

ただし、以下の条件に当てはまるカメは冬眠させない方が良いでしょう。
生後3年以内の子ガメと、病気などで体力の落ちているカメや餌を十分に食べていないカメです。
冬眠するだけの体力が無く、目覚めない可能性があるからです。

ミドリガメは冬眠する?冬眠させてはいけない亀もいる

カメはみんな冬眠するイメージですが、しないカメもいます。

冬眠するのは外気温が下がる地域原産のカメです。
日本原産のクサガメ、イシガメなどはもちろん、温帯地域が原産国の場合は冬眠が可能です。

熱帯地域が原産のカメは、冬眠ができません。
水生ガメ、ハコガメ、リクガメなどがそうです。

かわりに夏眠することはあるそうです。
夏の乾季を乗り越えるための習慣でしょう。

温かい地域が原産のカメは寒さには弱いので注意しましょう。

種類を問わず冬眠させてはいけないのは子ガメです。
小さく体力も無いので、冬眠するだけのエネルギーがないためです。
また、体調の悪いカメも同様の理由から冬眠はさせません。

飼育しているカメが冬眠できるか判断するには、普段のお世話の時によく観察する事が大事です。

 - 動物/ペット