探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

元嫁に再婚の報告義務はありますか?義務はありません!

2018.11.4

元嫁に再婚を報告する義務はあるの?
法律的には、再婚することを前の結婚相手に伝える義務はありません。

ですが、子どもが絡んでくると、別の話になると思います。
養育費の問題や、相続の問題、自分の知らないところで異母兄弟ができるなど、複雑な環境や人間関係を子どもに背負わせることになってしまうからです。

大人になったら理解できることもあるかも知れませんが、子どもにとって自分の親が違う家庭をもつということは受け止めきれない現実だと思います。

離婚したのですから、色々な事情があったのだと察します。
話し合いがままならない相手かも知れませんが、今までの人生を完全に切り離して新しい人生を歩むことはできませんから、子どもが絡んでくる場合には、再婚することを前の結婚相手に報告し、今後の対応を話し合ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

父親と息子が不仲になるのは父親をライバル視し始めているから

父親と息子が不仲になるのにはどんな理由があるのでしょうか? そのようになってしまった時、母親は...

可愛い友達に嫉妬をしてしまう時、感情のコントロールの仕方!

可愛い友達に時々嫉妬してしまうという方はいませんか? 友達として大事な存在なんだけど、やっぱり...

親の介護は一人っ子だと負担倍増!?介護を乗り切る方法

親の介護はまだまだ先だと思っていませんか?親はいつまでも元気でいるわけではありません。特に一人っ子の...

集団が苦手に感じる人は…自分を知って苦手を克服しよう

学校の中でも職場の中でも、毎日の生活の中で集団生活を避けることはできません。 しかし、集団やグ...

アパートの騒音…。下の階からの苦情や対応について!

アパートなどの共同住宅に住んでいると多い騒音問題…。 下の階からの苦情が多いと言いますが、苦情...

女子グループが苦手で入れない!原因や溶け込むためにしたい事

女子グループに参加しても、会話に入ることができなかったり上手く溶け込めずに悩んでいる人も多いのでは?...

話が長い!女は永遠喋り続ける生き物。会話を切上げるコツとは

話が長い! 男性は、結論のない会話はしません。 ですが、女性は会話に結論なんて求めていません...

男性のトイレの飛び散り防止で解決!?イヤな臭いの原因とは

男性のトイレの飛び散りを防ぐにはどうしたらいい? 座って用を足すのが解決策?意外にも飛び散りは...

趣味で絵画!初心者はまずナニから?絵画や絵の始め方

趣味で絵画を始める方、最近多いですよね。初心者だと最初はナニから始めていいのか迷ってしまいます。 ...

仕事に家事に疲れた私…みんなも同じ?これいつまで続くのかな…

仕事に家事に育児に介護…世の中の女性はみんな疲れ切っています。 疲れたを通り越してもうくたくた...

夫の実家でご飯を作る場合満足されるメニューとは!

お正月やお盆の時期になると夫の実家に行くのが憂鬱と感じているママも多いのではないでしょうか? ...

保育園のママ友作りは「挨拶」から始めよう!

保育園で全くママ友ができず寂しい思いをしている方も多いのではないでしょうか。 幼稚園とは違いマ...

灯油の保管方法!ベランダ保管は危険?正しい知識で安全に保管

アパートやマンションにお住まいの人の中には、灯油を保管する場所がなくてベランダで保管しているという人...

女性が一人暮らしで一階に住むなら防犯対策は万全に!

一階の部屋は危険なリスクがあるので女性は避けた方がいいでしょう。しかし、他の階よりも家賃が安い物件も...

風呂の浴槽の水垢汚れを効果的に落とすコツと予防方法

風呂の浴槽をふと見ると水垢が目につくなんてことありますよね。 そして、その気になる水垢ですが、...

スポンサーリンク

元嫁に再婚を報告する義務はあるの?素朴な疑問について

法律上だけで言えば、再婚することを以前の結婚相手に伝える義務はありません。これは、子供のいなかった夫婦においての話しです。
これが、2人の間に子供がいた場合は事情が違ってきます。現在、養育費を払っているかどうか、亡くなったあとの遺産相続の問題など、様々な事柄が影響してくるからです。

ただし、離婚後もともに同じ市内で生活していたり、お互いに共通の知人がいた場合などは、自分から言わなくても自然と元嫁の耳に入ってしまうこともありますので、おかしな尾ひれがつかぬうちに、自分から伝えておくという選択肢もありますね。

離婚前の住居に本籍があり、そのまま再婚後もそこに住むという場合は、ひとつの戸籍の中に元嫁と新しい奥さんの名前が両方載ることになります。
子供に離婚暦があることを内緒にしていたのに、戸籍謄本を取り寄せた際に発覚してしまったというケースを避けるために、本籍地を多市町村に移すという手段もあります。

元嫁に再婚を報告したいのは、養育費が絡んでくるから

元嫁に再婚を報告する最大の理由

子供の養育費が関係してきます。これは、元嫁側が再婚した際にも言えることですが、離婚後の養育費とは双方の経済的余裕を考慮して決定していますので、再婚後に扶養する家族が増えれば、その分の支出が大きくなりますので、養育費にかけられる金額が少なくなってしまいます。

反対に、元嫁側が再婚する際には、再婚相手の収入いかんでは元夫よりも経済的に余裕が生まれるため、やはり元夫からの養育費を減額することになります。

これらはあくまで、再婚後の妻を扶養する前提での話しなので、妻に一定の収入があれば扶養する必要がないので、再婚後の養育費にも影響はありません。

離婚し、養育費を支払っています。再婚により減額できますか

例えば、元夫が毎月3万円の養育費を負担していた場合、再婚後の家庭全体の収入に変化がないようであれば、再婚後の養育費は2万円となり、その分を現在の家庭に回すことになります。これは、前妻との間に生まれた子供への扶養義務と同じく、再婚相手にも扶養する義務が発生するからです。

また、再婚後に新たに子供が生まれた場合も、養育費を減額することが出来ます。離婚後にもお互いの生活があり、元の家族を支えたい気持ちはあってもやはり現在の家庭生活も大切ですので、双方のバランスが崩れてしまわないように、しっかりと話し合いで解決することが求められます。

このようなことからも、養育費が絡んでいる以上は、いくらお互いに嫌いになって離婚したとしても、相手の居場所や連絡先くらいは把握しておく必要があります。顔も見たくない相手だからといって、一時の感情だけで連絡を絶ってしまうと、いざどうしても連絡を取らなくてはならなくなった場面でも対処することができませんので、ここは慎重に。

質問です!元嫁・元夫に再婚を報告しましたか?

離婚経験のある男女を対象にしたあるアンケートによると、約7割の方が元の結婚相手に再婚することを報告しないそうです。

一度別れてしまった相手とは連絡も取りたくない、取る必要性を感じないといった意見がほとんどのようですが、「もう二度と顔も見たくない!」といった最悪な別れ方をしてしまったのであればなおさら、わざわざ再婚を報告する必要性はないと考えるのでしょう。
また一方では、約3割の方が再婚の報告をしているようですが、これらのほぼ大半が養育費の関係で再婚の報告をしなければならないので、言ってみれば義務として報告したというのが本音のようです。
再婚以外でも、元夫や元嫁が病気などを理由に失業してしまったという場合には、収入の面で大きく影響が出るので、今後の養育費についても相談する必要性が出てきます。

また、諸事情で離婚に至ったけれど、離婚後も良好な関係性を築いているような間柄であれば、再婚を報告することによってお互いに新たな家庭を持つことを喜びあうこともできるでしょう。

元夫の再婚を知った元嫁はどんな気持ちになるのか

離婚した元夫から再婚の件を報告された時や、知りたくもないのに再婚の噂を耳にしてしまった時、元の奥さんはどのように感じるのでしょうか?

再婚をどう思うかは別れ方によるところが大きい

子供への養育費をもらっている場合は内心穏やかではない場合が多いようです。再婚後も変わらず養育費を払ってもらえるかどうかは、子供との生活にも影響を及ぼしかねないからです。

また、再婚相手の妊娠が再婚の理由だった場合はなおさら、養育費を減額される可能性も高いため、素直に再婚を喜べないといったこともあるようです。

子供がいる場合は、今後の元夫と子供の面会にも関係してきます。再婚相手が子供との面会を嫌がる可能性もありますし、さらに再婚相手との間にも子供が生まれると、どうしても面会の頻度も少なくなってしまうこともあるようです。

子供にとってはいくら両親が離婚したとはいえ、父親には変わりありません。離れて暮らしていても父親と触れ合う機会を設けることで、自分は父親に愛されているという満足感を与えてあげられるはず。
母親の感情だけで、子供から父親を遠ざけるのはあまり得策ではないと言えます。

 - 生活