探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

元嫁に再婚の報告義務はありますか?義務はありません!

2018.11.4

元嫁に再婚を報告する義務はあるの?
法律的には、再婚することを前の結婚相手に伝える義務はありません。

ですが、子どもが絡んでくると、別の話になると思います。
養育費の問題や、相続の問題、自分の知らないところで異母兄弟ができるなど、複雑な環境や人間関係を子どもに背負わせることになってしまうからです。

大人になったら理解できることもあるかも知れませんが、子どもにとって自分の親が違う家庭をもつということは受け止めきれない現実だと思います。

離婚したのですから、色々な事情があったのだと察します。
話し合いがままならない相手かも知れませんが、今までの人生を完全に切り離して新しい人生を歩むことはできませんから、子どもが絡んでくる場合には、再婚することを前の結婚相手に報告し、今後の対応を話し合ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

リュックを背負ったまま満員電車に乗るのは迷惑!電車のマナー

ただでさえ憂鬱な満員電車ですが、時々リュックを背負ったまま満員電車に乗車してくる人もいますよね。リュ...

人生の試練よ!スピリチュアル的に考えられることとは

人生の試練。 次から次へと、問題や事件、どうやって乗り越えていいのかわからないような状況に陥ること...

女性の人生は本当に楽かどうか、聞いてみました

「女は楽でいいな」そんな考えはどうなの? 昔と現代では大分事情が変わってきているのではないでし...

友達に会話がつまらないと思われているかも!?その特徴や解決策

友達との会話で相手の反応があまり良くないと、「つまらないと思っているのかも…」と不安になりますよね。...

ボールペンの汚れを消す裏ワザが知りたい!こんな方法で!

色んな場面でボールペンは使いますが、気が付くとボールペンの汚れが机や壁や洋服に付いたいた!ということ...

サラダの食べ過ぎで太ることがある?サラダの正しい食べ方

サラダの食べ過ぎで太ることがある?!野菜であれば、太らないのでは・・・? ダイエットのためにサ...

楽器を趣味にしたい大人の方へ!人気の楽器をご紹介

人から趣味を聞かれて楽器演奏と答えるのはカッコいいですよね。 「趣味はピアノです」とか「趣味はフル...

夜勤明け、生活リズムを戻すには?睡眠が重要なポイント!

夜勤と日勤、交互のシフトだと生活リズム、特に睡眠のリズムを作ることが難しいですよね? 夜勤中は...

女性に年齢を聞くことはしない方がいいみたいですよ!

女性に年齢を聞くことってしない方がいいみたいですよ。調べてみると、同性からでも年齢を聞かれることに、...

トイレの頑固な水垢を除去する方法や予防方法を伝授

トイレの汚れの原因を知っていますか? その汚れの原因が分かれば使うべき洗剤は分かって掃除がきっ...

アパートの足音がうるさい!管理会社に連絡する時のポイント

アパートに住んでいると、上の階に住んでいる人の足音がうるさくて気になってしまうこともありますよね。気...

人生の楽しみが何かわからない人へ・毎日を楽しく生きる考え方

毎日一生懸命仕事や勉強をしているけど、そんな人生の何が楽しいのかわからない・人生に楽しみを感じられな...

車の運転が下手な女性の特徴と、起きやすい事故とありがちな事

車の運転が苦手な女性もいます。 また運転が下手だなと感じる車に多いのが女性ドライバーだったりします...

アルコールが弱い・・・お酒の飲み方や悪酔い対策をご紹介!

アルコールが強い人、弱い人っていますよね。同じお酒の量を飲んでもどうしてこうも違うのか不思議におもい...

電車の中で感じる視線…それが男性からだったら理由は●●かも

通勤などで電車に乗っていると、知らない人からの視線を感じることもありますよね。では、もしそれが男性か...

スポンサーリンク

元嫁に再婚を報告する義務はあるの?素朴な疑問について

法律上だけで言えば、再婚することを以前の結婚相手に伝える義務はありません。これは、子供のいなかった夫婦においての話しです。
これが、2人の間に子供がいた場合は事情が違ってきます。現在、養育費を払っているかどうか、亡くなったあとの遺産相続の問題など、様々な事柄が影響してくるからです。

ただし、離婚後もともに同じ市内で生活していたり、お互いに共通の知人がいた場合などは、自分から言わなくても自然と元嫁の耳に入ってしまうこともありますので、おかしな尾ひれがつかぬうちに、自分から伝えておくという選択肢もありますね。

離婚前の住居に本籍があり、そのまま再婚後もそこに住むという場合は、ひとつの戸籍の中に元嫁と新しい奥さんの名前が両方載ることになります。
子供に離婚暦があることを内緒にしていたのに、戸籍謄本を取り寄せた際に発覚してしまったというケースを避けるために、本籍地を多市町村に移すという手段もあります。

元嫁に再婚を報告したいのは、養育費が絡んでくるから

元嫁に再婚を報告する最大の理由

子供の養育費が関係してきます。これは、元嫁側が再婚した際にも言えることですが、離婚後の養育費とは双方の経済的余裕を考慮して決定していますので、再婚後に扶養する家族が増えれば、その分の支出が大きくなりますので、養育費にかけられる金額が少なくなってしまいます。

反対に、元嫁側が再婚する際には、再婚相手の収入いかんでは元夫よりも経済的に余裕が生まれるため、やはり元夫からの養育費を減額することになります。

これらはあくまで、再婚後の妻を扶養する前提での話しなので、妻に一定の収入があれば扶養する必要がないので、再婚後の養育費にも影響はありません。

離婚し、養育費を支払っています。再婚により減額できますか

例えば、元夫が毎月3万円の養育費を負担していた場合、再婚後の家庭全体の収入に変化がないようであれば、再婚後の養育費は2万円となり、その分を現在の家庭に回すことになります。これは、前妻との間に生まれた子供への扶養義務と同じく、再婚相手にも扶養する義務が発生するからです。

また、再婚後に新たに子供が生まれた場合も、養育費を減額することが出来ます。離婚後にもお互いの生活があり、元の家族を支えたい気持ちはあってもやはり現在の家庭生活も大切ですので、双方のバランスが崩れてしまわないように、しっかりと話し合いで解決することが求められます。

このようなことからも、養育費が絡んでいる以上は、いくらお互いに嫌いになって離婚したとしても、相手の居場所や連絡先くらいは把握しておく必要があります。顔も見たくない相手だからといって、一時の感情だけで連絡を絶ってしまうと、いざどうしても連絡を取らなくてはならなくなった場面でも対処することができませんので、ここは慎重に。

質問です!元嫁・元夫に再婚を報告しましたか?

離婚経験のある男女を対象にしたあるアンケートによると、約7割の方が元の結婚相手に再婚することを報告しないそうです。

一度別れてしまった相手とは連絡も取りたくない、取る必要性を感じないといった意見がほとんどのようですが、「もう二度と顔も見たくない!」といった最悪な別れ方をしてしまったのであればなおさら、わざわざ再婚を報告する必要性はないと考えるのでしょう。
また一方では、約3割の方が再婚の報告をしているようですが、これらのほぼ大半が養育費の関係で再婚の報告をしなければならないので、言ってみれば義務として報告したというのが本音のようです。
再婚以外でも、元夫や元嫁が病気などを理由に失業してしまったという場合には、収入の面で大きく影響が出るので、今後の養育費についても相談する必要性が出てきます。

また、諸事情で離婚に至ったけれど、離婚後も良好な関係性を築いているような間柄であれば、再婚を報告することによってお互いに新たな家庭を持つことを喜びあうこともできるでしょう。

元夫の再婚を知った元嫁はどんな気持ちになるのか

離婚した元夫から再婚の件を報告された時や、知りたくもないのに再婚の噂を耳にしてしまった時、元の奥さんはどのように感じるのでしょうか?

再婚をどう思うかは別れ方によるところが大きい

子供への養育費をもらっている場合は内心穏やかではない場合が多いようです。再婚後も変わらず養育費を払ってもらえるかどうかは、子供との生活にも影響を及ぼしかねないからです。

また、再婚相手の妊娠が再婚の理由だった場合はなおさら、養育費を減額される可能性も高いため、素直に再婚を喜べないといったこともあるようです。

子供がいる場合は、今後の元夫と子供の面会にも関係してきます。再婚相手が子供との面会を嫌がる可能性もありますし、さらに再婚相手との間にも子供が生まれると、どうしても面会の頻度も少なくなってしまうこともあるようです。

子供にとってはいくら両親が離婚したとはいえ、父親には変わりありません。離れて暮らしていても父親と触れ合う機会を設けることで、自分は父親に愛されているという満足感を与えてあげられるはず。
母親の感情だけで、子供から父親を遠ざけるのはあまり得策ではないと言えます。

 - 生活