探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

6ヶ月頃の赤ちゃんの寝かしつけの方法を伝授!

2018.11.4

赤ちゃんのよって個人差はありますが、生後6ヶ月くらいになると夜も長く寝るようになっていきます。

ですが夜になるとなかなか寝てくれない、と悩んでいるママさんも多く全体の8割くらいのなるといいます。

赤ちゃんの生活のリズムや、寝かしつけの方法やについてみていきましょう。

赤ちゃんの寝かしつけで困っているママさん必見です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

一歳児のお風呂の入れ方~ママと一緒に入るスムーズな入浴手順

小さなお子様と一緒にお風呂に入るのはママという家庭が多いと思います。 一歳くらいのお子様はまだまだ...

赤ちゃんの前髪の切り方にはコツがある?ポイントを教えます!

赤ちゃんの前髪が伸びてくると、ママとしては切ってあげたくなりますよね。 でも、切っている間もじ...

保育所か幼稚園かどっちか悩んだらママの仕事の時間がポイント

子供がいても仕事がしたい! 働くママが子供を預けるのは、保育所がいいのか幼稚園がいいのかどっちにし...

子供を昼寝で寝かしつける時のポイントとコツをご紹介

小さな子供がいる家庭では、ちょっとの時間子供がお昼寝をしてくれるとママ自身も体を休めることができます...

赤ちゃんのベッドの位置、最適な場所とは!

赤ちゃんがいよいよ我が家にやってくる。そんな頃が近づくとベッドの位置をどこにしようか迷ってしまいます...

子供の病気にイライラしてしまうママへ。看病疲れの対処法

子供が病気なるとイライラしてしまう・・・。子供の看病をストレスに感じてしまう!というママもいますよね...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

子供が熱で入院するのはどんな時?子供の熱について!

子供が熱を出したらとても心配になりますよね。 熱がなかなか下がらない時や高熱になると入院しない...

貧乏な家庭の子供はかわいそう?!子供が幸せになる秘訣とは!

貧乏な家庭の子供はかわいそう?貧乏なら子供は産むべきではない? あなたはどう思いますか?子供が...

お通夜に子供が参列する場合の服装は?服装選びのポイント

お通夜に参列する際、大人はブラックフォーマルを着用しますが、困るのが子供の服装ですよね。 子供...

保育園の登園時間は何分前までに到着すべき?逆算して余裕を!

保育園に預けるときいつも登園時間ギリギリになってしまうという方も多いのではないでしょうか。 そ...

離乳食の開始は遅めの方がいい?それにはこんなワケがあった!

赤ちゃんが生後5か月を過ぎたころから離乳食を開始するママも多いですよね! でも、離乳食を始める...

スイミングスクールで子供が泣くのは当然です!理由や解決法

スイミングスクールは子供の習い事として人気がありますね。 ですが子供が泣く、ずーっと泣きっぱな...

いろいろと気を使う?小学校高学年の所見はこうやって書こう!

小学校の教師の皆さんは、所見を書くことで頭が痛いこともあるでしょう。とくに高学年にもなると、いろいろ...

幼稚園のプールはどんなタオルがいいの?男女別に紹介!

幼稚園でプールの授業があるけど、タオルってどんな物を用意したらいいの? とお困りのお母さん! ...

スポンサーリンク

なかなか寝ない6ヶ月の赤ちゃんの、家の寝かしつけの方法

生まれたての赤ちゃんは、一日の大半を寝て過ごしていましたが、6ヶ月頃になるとリズムが生まれてきます。

そのリズムが狂ってしまうと、昼夜が逆転してしまうことも!?これでは、ママはゆっくりと休む時間がなくなり困ってしまいますよね。

赤ちゃんが眠る環境を整えることが大切

大人でもよほど眠たくないと、電気が煌々と付いた明るい部屋で眠ることは難しいですよね。

赤ちゃんも例外ではありません。眠る前には興奮をさせずに薄暗い部屋で、寝る環境を整える事が重要です。

そしてトントンとお尻や背中を優しくリズムをとり、子守唄などを歌います。これで目がトロンとしてくれば、眠りはすぐ近くに来ています。辞めずにしばらく続けてください。
我が家の場合、これでダメなら眉毛を優しくさすると目をつぶっていました。眠たくなくても目をつぶることで、眠りに誘導する事が可能になります。

どうしても頑固に眠らないときは、最終手段!泣きたい時は少し泣かせて上げる事も必要です。

赤ちゃんも泣いてパワーを発散させた後は、お母さんの抱っこで安心して眠りに付く事が多々あります。ただし泣いている間は目を離さないようにしてくださいね。

6ヶ月頃の赤ちゃんの寝かしつけのトレーニング方法

最初にもお話をしましたが、この頃の赤ちゃんは生活のリズムが徐々に出来てきます。

なのでママやパパの理由で、寝るのが遅くなったり早くなったりしないように、普段はいつもの時間に寝かしつけをする事も重要です。

そして寝る時間だけでなく、起きる時間も関係しています。

夜寝るのが遅いという赤ちゃんは一日のリズムを聞いてみると、大体が朝起きるのも遅いという場合が多くあります。

早く寝るようにリズムを作るのであれば、朝も早く起きるというようになります。

もちろん、その子によっても睡眠のリズムの違いがありますので、普段からどの位眠るのか?昼寝はどの位するのか?をメモしておくと、寝かしつけやリズムを整えるのに役立ちますよ。

お昼寝は一日に二回?それとも一回?二回するという赤ちゃんは、夕方にしてしまうと夜寝付くのが遅い傾向にあります。

お昼寝を一回にするように調整をするか、二回目のお昼寝の時間を早めるように調整をすると良いですよ!

このように生活のリズムは、ママが調整をする事が可能です。無理をしない程度に調整を行ってください。

6ヶ月くらいの赤ちゃんの寝かしつけの方法で気をつける事

赤ちゃんが寝付かないとき

ママがいつもと同じように感じても、赤ちゃんにとっては違いがあるのかもしれません。

特に部屋の温度は大人が感じる温度と、赤ちゃんが感じる温度には差がある場合があります。

子供はもともと体温が高いので、大人が感じる丁度良い部屋の温度だと赤ちゃんにとっては暑く感じてしまうことも!

大人でも暑いと寝苦しく寝付けなくなってしまいますよね。部屋の温度は20度から22度程度を目安にしてみると良いですよ。

その他にも大人が起きていても、赤ちゃんが眠る部屋は暗くすること、暗すぎて様子が見えない場合は、豆電球程度の明かりをつけてください。明るすぎるのはNGですよ。

また音にも注意が必要です。大人が見ているテレビの音量、犬の鳴き声などにどうしても起きてしまう赤ちゃんもいます。

この頃、寝かしつけが上手くいっていないというような場合は、このような事を見直してみてくださいね。

なんと8割近くの人が寝かしつけで悩んでいました

寝ないのはうちの子だけ?そんなことはありません。多くのママたちも一度は寝かしつけに悩んだ経験があるようです。

赤ちゃんはずっと眠らずにいるわけではありません。ちゃんとどこかで眠って休息を取っています。

しかし、それがママやパパたちが寝る時間に合っていないだけです。赤ちゃんの生活のリズムを見直すことで、きっと改善されるはずですよ。

また、それ以外で赤ちゃんが寝つかない理由を考えてみると、赤ちゃんが眠れないような不快を感じていることも原因かもしれません。

上記したように部屋の温度や騒音、明るさなどのほかにも体調不良がないかどうかも確認が必要です。

熱がないか?咳などをしていないか?またしばらく便秘が続くような場合も、寝付けない原因になる場合が!

赤ちゃんの寝つきの悪さは、体の調子にも関係しているかもしれませんので、まずチェックをしてみてくださいね。

赤ちゃんの寝かしつけにおっぱいは必要なの?

母乳育児をしているママたちは、夜中の授乳がなくなってもおっぱいがないと安心して赤ちゃんが寝てくれないと、悩みを抱えています。

赤ちゃんにとってママのおっぱいは不安を解消してくれる安心の源です。卒乳をした後もおっぱいがないと夜鳴きをしてしまう赤ちゃんもいます。

確かに赤ちゃんは安心して眠る事が出来ますが、いつまでもそのままではママも不安になってしまいますよね。

もうそろそろ、夜はぐっすりと寝て欲しい!そう考えている場合は、習慣になってしまっているおっぱいをすっぱりとやめて、赤ちゃんが安心する別の方法を考えてください。

意外とママの添い寝だけでも乗りきれたりするものです。うちの子は無理!そう決め付けずに試してみると良いですよ。

 - ベビー/子育て