探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

一人暮らしの揚げ物の油の処理が面倒、処理の仕方について

2018.10.4

一人暮らしだって揚げ物がしたい!しかし、揚げ物は油の処理が面倒だからと揚げ物から遠ざかっている一人暮らしの方、必見です。

確かに、一人暮らしならお店で食べたりお惣菜を買ったほうが楽ですが自分で作ったから揚げ(揚げ物)は格別ですよ。

油の処理は、このようにすれば大丈夫。揚げ物の油の処理方法や揚げ油の使える回数や劣化具合などについて紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

唐揚げは電子レンジで下処理を!半生防止や時間短縮になりますよ

唐揚げって上手に揚げるのが難しいですよね。ジューシーに揚げたいと思うと半生になってしまったり、今度は...

肉じゃがの残り汁は捨てずにアレンジ!簡単おすすめレシピ

お家で肉じゃがを作ると、最後にたっぷりと余ってしまう残り汁、皆さんはどうしていますか? もったいな...

旦那さんの弁当を毎日作るって大変!こんな方法がありますよ!

みなさんは、お弁当を作っていますか? それは誰のためですか?自分、旦那、子供や家族のため・・・...

ご飯の献立は栄養バランスを考えて!考え方の基本とポイント

毎日家族のご飯の献立を考えている人は、1日3回の食事できちんと栄養バランスの良い食事ができているか心...

ビーフシチューのルーにみんなが入れてる隠し味をご紹介!

ビーフシチューってどうやって作りますか?市販のルーを使う?それとも一から手作り!? 実は市販の...

ラーメンとライスの食べ合わせはNG!食べ合わせについて

ラーメンとライス、がっつり食べたいときや餃子を頼んだときにはついついライスも追加してはいませんか? ...

パン作りが失敗!食べ方を工夫すれば美味しく食べる事ができる

パンは焼きたてが最高!そう思って最近はホームベーカリーを購入する方が多くなっているみたいです。 ...

韓国のラーメンの食べ方は面白い!美味しいレシピも紹介します

韓国のドラマでラーメンを食べるシーンが良く出てきますよね。 韓国のラーメンを食べるスタイルは日...

夜ご飯の献立こそヘルシーにしたい!おすすめレシピをご紹介

迷ってしまう夜ご飯の献立、できればヘルシーにしたいけれど量や味を薄くすると物足りなく思ってしまいます...

魚がメインの晩御飯のおすすめメニューをまとめてみました!

今日の晩御飯のメニューは何にしよう? 昨日は肉だったので魚を使った料理にしよう! 晩御飯...

彼が喜ぶ料理で人気のメニューを紹介!こんなポイントも!

彼が喜ぶ料理を作ってあげたい。一人暮らしなら、揚げ物やグラタンなど彼氏が普段では作れない料理もいいで...

卵を使った人気レシピが知りたい!とっても簡単なレシピです

好きな卵料理はなんですか? オムライス、だし巻き卵、茶碗蒸し、そのまま卵かけご飯・・・。色んな卵料...

海外の反応が一番良かった日本食と悪かった日本食を調査!

海外で日本食がブームとなっているのはみなさんご存知だと思います。 そこで気になるのが、海外の反応が...

餃子の具材は白菜派かキャベツ派か調べてみました

子供も大人も餃子は好きですね。 たくさん作って冷凍してもいいですし、色んな料理にアレンジもでき...

大人数でも大丈夫!こんな料理でおもてなしすれば喜ばれます

お客様の数が2~3人くらいならまだしも、大人数となるとどんな料理でおもてなしすればいいのか悩んでしま...

スポンサーリンク

一人暮らしで揚げ物をした場合、油の処理はどうしたらいい?

基本的な油の処理方法

牛乳パックなどに油を入れた後、チラシなど不要な紙に油を吸収させ燃えるゴミとして処理する方法です。

牛乳パックがない場合は、ゴミ袋などの袋に紙を入れて油を入れて紙に油を吸収させ燃えるゴミとして処理する方法もあります。

油凝固剤を利用した処理方法

液体の油を固めて燃えるゴミとして処理する方法もありますので、ホームセンターなどで買ってみるのも良いでしょう。

油を処理するタイミングは、5回程度使用後に処理することをオススメします。

揚げ物をした後の処理

カスがでてくると思いますのでそれらを綺麗に取り除くと何度か油を使用することができます。

網で綺麗に取り除けないような小さいカスの場合は、炊き上がっている白米を油の中へ入れかき混ぜると白米に小さなカスがくっつくのでカスを取り除くことができます。

カスを残したままにしてしまうと、油が劣化してしまう原因となりますので油を使用後は必ずカスを取り除くようにしましょう。

一人暮らしの揚げ物で使った油の処理はいつするべき?古い油とは?

油を処理するタイミング

変な臭いがしてくる場合

一番わかりやすいと思いますが、嫌な臭いのする油を使用して料理をしても美味しく揚がりません。
美味しく食べるためにも油のニオイが臭いと感じたら早めに交換するようにしましょう。

粘りがあったり、濁っている場合

温度が低いときに油に粘りがあるようでしたら交換の目安です。
また油の色が黒くなりすぎて底が見えない程になっている場合も同様に交換しましょう。

180℃前後で煙が出る場合

汚くなった油は180℃前後で煙が出てきます。
煙が出る場合は火事になってしまう危険もありますので速やかに交換しましょう。

揚げ物を終えた後、泡が中々消えない場合

この場合もこのまま使い続けてしまうと、食材が見えないほどになってしまう場合もありますのでなるべく早めに交換するようにしましょう。

一人暮らしで揚げ物をした場合の油の処理 流すと大変なことに

油は基本的に水として流すことは厳禁

油を流してはいけない理由

流した油が海などに流れてしまうと環境汚染に繋がったり、冷えてしまった油が配水管の内側に付き蓄積することで水の流れが悪くなってしまったりとさまざまな問題が起こります。

また賃貸の場合は、配水管を詰まらせてしまうと高額な修理費用を請求される可能性もあります。

以上の点から油は絶対にそのまま流してはいけません。

油を処理するための凝固剤や紙などが無い場合

処理が難しい場合もあると思います。
そんな時は、ペットボトル等に入れ確実に漏れないようにして処理することも可能ですが、ペットボトル等をもえるゴミと処理することが可能な自治体であることが条件となりますので自治体に確認の上、処理するようにしましょう。

一人暮らしの揚げ物はコレで油の処理をしたらいいかも!

油を処理に使えるもの

こういった場合は、片栗粉や小麦粉、パン粉が凝固剤の代用として役立ちます。

手順はすごく簡単で、油が冷める前に油と同じ量の小麦粉等を入れかき混ぜるだけです。しかし凝固剤とは違い、完全に固まるわけではありませんのでビニール袋などに入れて処理する際は漏れないようにしっかりと口を閉じて、もえるゴミとして処理しましょう。

また油が少しの場合は、調理後余った小麦粉やパン粉を捨てるのではなく油の処理に使うことができるので便利ですが、油の量が多い場合は小麦粉等を使用する量も増えますので凝固剤を買った方が安く済む場合もあるかもしれません。

賞味期限の切れてしまった小麦粉等がある場合は、捨てずに油の処理用に取っておくと良いでしょう。

揚げ物の油は炒め物に使ってもOK!

揚げ物で使用した油は、早めの段階でカスを取り、油をこすことで揚げ物以外の調理時も再使用することができるのでオススメです。

再使用するための油を作る手順

  1. 揚げ物が終わったらすぐに揚げカスを取り除く
    カスが残ったままになっていると、油が痛んでしまう大きな原因の一つです。
    細かいカスが取れない場合は、網目の細かいカス取りを使用すると綺麗に取り除くことができます。
  2. カスを取り終えたら油をこす
    油が触っても熱くない程度まで冷えたら、ザルなどにキッチンペーパーを1枚のせ油をこしましょう。
    キッチンペーパーをのせてから油をこすことでより細かいカスを取ることができます。
    また油は冷えきってからこしてしまうと、粘りが出てこしずらくなるのである程度の熱を持っているうちにこすことをオススメします。
  3. こした油は冷暗所で保存
    こした油はペットボトルなどに移し、油の酸化を防ぐために必ず蓋をしましょう。
    また一度使用した油は痛みが進みやすいため、なるべく早めに使用しましょう。

 - グルメ