探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

フリースクール高校の寮生活では学ぶことがたくさんある!

2018.11.6

様々な理由から、学校に行くことができなし、不登校になってしまったという生徒が多く通うフリースクール。

しらべてみると全国各地にフリースクールの高校はあります。

遠くて通えないという場合は寮もあり、そこで学校生活を送ることも出来ます。

寮生活では、勉強の他に色んなことが学べるようです。
その特色をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供が高校受験に落ちたら、親がかけるべき言葉とは!

子供が高校受験を!もし落ちた時には親はどう対処したらよいのでしょうか?また子供にかけるべき言葉とは?...

高校時代の思い出がないのは自分だけじゃない!

あなたの高校生生活はどうでしたか? 楽しい思い出や思いだしたくない過去・・・。色んな思い出があ...

受験が不合格という結果にかける言葉がないという場合

受験の結果が残念ながら不合格ということだってあります。 自分の子供がそうなってしまった場合、親...

高校の友達が少ないと感じても、こんなメリットもある!

高校の友達はどのくらいいますか?卒業してもその関係は今も続いている? 高校の友達が少ないと感じ...

公務員試験の勉強のやる気を起こさせる方法!

公務員試験に向けて日々コツコツと勉強をしている方も多いと思いますが、イマイチやる気が起きない、勉強の...

大学ではゼミを楽しもう!友達を作るチャンスです!

大学生には高校生時代のような「クラス」はなく、「ゼミ」に入ります。 ゼミの仲間は同じテーマを学...

学校でプール授業を行う場合は気温も関係するのか

屋内プールなら気温に左右されることなく授業を行えますが、屋外プールの場合はその日の気温や水温が気にな...

小学校の担任の先生がひどいと感じた時の対応の仕方

小学校の先生にとてもひどい所があると感じたことはありませんか?親なら先生の事を疑ってしまうこともあり...

大学生の女子あるある!面白いと話題になっています!

女子大学生あるあるって面白いって聞くけどどんなものがあるのでしょうか? 本当に面白いのでしょう...

中学で部活に入らない道を選ぶのもアリ?メリットを教えます!

高校受験には中学の内申点が影響しますが、部活に入らないと内申点はどうなるのでしょうか? 確かに...

黒板アートを文化祭で簡単に上手に描くコツと工夫

黒板アートは黒板とチョークを使って気軽にできるアートとして人気がありますよね。 華やかな黒板ア...

大学の友達関係が面倒になる原因や対処法を考えてみた!

大学の友達関係が最近面倒・・・そんなため息をついていませんか? 高校までは友達と仲良く過ごせて...

ノートの取り方を教えて!勉強の時の書き方次第で成績もアップ!

頭の良い人はノートの取り方にコツがあるといいます。実際に自分が勉強をする時に、上手なノートの書き方が...

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活...

集団討論でコツや高校の評価するポイントを抑えて乗り切る方法

集団討論を高校受験において乗り切るためには、コツやポイントを抑えておく必要があります。 では、...

スポンサーリンク

あるフリースクールの高校の寮をみてみましょう

フリースクールとは

不登校や健康上の理由など、さまざまな事情で高校進学を断念した生徒や、中学卒業後に一度は高校へ進学したけれど、環境になじめずに退学してしまった生徒などが、自由な校風のもとに共に学ぶ場所です。

フリースクールには日本各地から生徒が集まる

そのため、親元から通えない生徒たちのために、学生寮を完備している所が多いです。寮生活をさせる目的としては、親元を離れ仲間と共同生活を送ることで、生徒の自主性を育て、社会へ出るための自立心や社会性を身につけることが挙げられます。

始めのうちは急激な環境の変化に対応できず、体調を崩したり引きこもりがちになったりする生徒も少なからずいます。
フリースクールに通う生徒たちの中には、繊細で自分の思いを上手く吐き出せずに悩む傾向にある人が多いです。共同生活をする中で、自分と他人との関係性を学び、社会へ出るための自信を身につけて巣立って行きます。

フリースクールの高校にはこんな方が入学しています

中学生時代、つねに学年に何人かは不登校の生徒がいました。不登校となる理由はさまざまですが、卒業後の進路として地元の高校を選ぶことも難しくなる場合が多いようです。
フリースクール高校に入学する生徒の大半が、それぞれ自分の環境を変えたいと決意してやって来ます。地元から離れて寮生活を送る生徒も数多くいます。

フリースクール高校に入学する様々な理由

  • 中学時代は不登校が続いたが、なんとか高校は卒業したい
  • 健康面で毎日の通学は自信がないが、自分のペースに合わせてくれる高校で学びたい
  • 少人数で基礎から学びたい
  • 働きながら高校を卒業したい

高校卒業資格を取得するのとしないのとでは、将来の進学や就職する際に大きく差が出てきます。選択肢は多いほうが良いのです。

フリースクール高校の入学者には、一度高校に進学してみたが、自分には合わずに中退してしまったというケースもあるため、同級生とはいえ年齢はバラバラな場合も。これまで周囲にいる歳の近い人としか接してこなかった生徒にとっては、そんな出会いも貴重な体験となるでしょう。

フリースクールの高校に通い寮生活を送る子供の場合

フリースクールに通う生徒の中には、中学時代に不登校を経験していたり、周りとの関係性に悩みを抱えていた人も多いです。また、親との関係性がうまくいかず、親元を離れるためにあえて全寮制のフリースクールを選ぶケースもあるようです。

寮生活を送ることで、今後社会に出る上で役立つさまざまなことが身につきます。
自分自身の考えで行動することで「自立心」「決断力」が養われ、初めは他人とうまく関われなかった生徒も、多くの仲間と集団生活を送るうちに「コミュニケーション能力」が向上します。壁にぶつかった時にも自ら考え、行動に移す「問題解決力」や「思考力」がつき、皆と意見をぶつけあうことで「表現力」や「リーダーシップ」を発揮できるようになります。
生徒の中にもさまざまなタイプがいるため、自分とは違う考えを持つ人も当然いるでしょう。思い通りに行かないことがあってもめげずに、色々な経験を通して「忍耐力」も培われます。

フリースクール高校の学生寮では、基本的に先輩が後輩と同室になって面倒をみることで、生活面・学習面の両方からサポート出来る体制を取っているそうです。

フリースクールとはどんな学校か知っていますか?

海外には日本よりもかなり早くから、こういったフリースクールが存在していました。

日本におけるフリースクールの存在意義

不登校児や不登校経験者を対象とし、既存の学校とは違い枠組みにとらわれずに自由なスタイルで学ぶ場を提供することにあります。

フリースクールの規模やその活動内容は多岐に渡り、生徒数人を対象とした小規模なものから、100人以上が在籍するかなり大規模なものもあるため、学習内容や進め方にも大差があります。
自宅から通うことが前提であれば、実際にいくつかの教室を見学してみて、自分にあった場所を選ぶのも手です。それが自宅から離れて寮生活するつもりならなおさら、事前に下見は必須。生活する環境や学習の進み方を実際に目にすることで、新たな生活への不安を少しでも和らげ、やる気を引き出すことに繋がります。

子供を高校の寮に入れたいこんな理由!メリットやデメリット

初めて親元を離れての生活は、双方ともに不安や心配があるものですよね。
実際に子供にフリースクール高校の寮生活を経験させるうえでは、多くのメリットがあるようです。

  • 寮での集団生活なので、多くの友達が出来る
  • 規則正しい生活が送れるようになる
  • 親に甘えず自分で考える力がつく
  • 親のありがたみや感謝する気持ちが芽生える

慣れるまでは不安に感じることも多いですが、これを親離れ・子離れの好機と捉え、そっと応援してあげることが大切です。

また、同様に離れているがゆえのデメリットも存在します。

  • 最初のうちはホームシックで精神的に不安定な時期がある
  • プライバシーが保たれにくい
  • 自己管理ができないと、体調を崩しやすい
  • 交友関係がつかみにくい
  • 子離れするのがつらい

 - サークル/部活/学校