探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

センター試験を失敗。浪人は茨の道。浪人する前に考えるべきこと

2018.11.7

センター試験は受験した人しかわからないです。

センター試験を失敗し、浪人の道も考えるかも知れませんが、行きたい大学が行くべき大学だとも限りません。

高校生の時は大学はものすごいところというイメージがあるかもしれませんが、実際に通うと、AでもBでもさほど変わりがないことに気が付きます。

浪人は精神的にも経済的にも負担がかかります。

目指した大学に通えないのは残念なことですが、その大学で何を成し遂げられるかもわかりません。

自分の努力に見合った大学へ進学するのも、今後につながる道だと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

学校生活は疲れる?帰宅後に短時間仮眠をとって寝るのは効果的!

学校から返ってきたら疲れている様子の子供、毎日帰宅後に寝るという子もいますよね。最近の子供は学校生活...

子供が高校受験に落ちたら、親がかけるべき言葉とは!

子供が高校受験を!もし落ちた時には親はどう対処したらよいのでしょうか?また子供にかけるべき言葉とは?...

部活の後輩に恋をしてしまった!恋を成就させるためにできること

同じ部活の後輩。最初は気なるだけだったけど、だんだん好きになり恋をしてしまった・・・ 青春真っ...

学校でプール授業を行う場合は気温も関係するのか

屋内プールなら気温に左右されることなく授業を行えますが、屋外プールの場合はその日の気温や水温が気にな...

部活は上下関係を学ぶ場所?部活で本当に得られる事とは

中学校に入ると部活を始める子が多くなりますよね。体育系、文化系ともに部活では上下関係を学ぶ良い機会だ...

高校の通学時間の適正、自転車通学の場合は○○分がいい

高校へ通学するのに、自転車で通学している学生さんもいます。 自宅から学校まで近い人や何十キロも...

フリースクール高校の寮生活では学ぶことがたくさんある!

様々な理由から、学校に行くことができなし、不登校になってしまったという生徒が多く通うフリースクール。...

保育園の運動会、楽しめて盛り上がる保護者競技!

保育園の運動会の保護者競技は何にするか、毎年悩むところだと思います。 子供も親も楽しめて盛り上...

いじめが辛くて高校を退学したい!いじめからは逃げてもいいよ

高校で周りの友達からいじめを受けている、いじめが原因で高校に行くのが辛い・行きたくないというとき、高...

大学ではゼミを楽しもう!友達を作るチャンスです!

大学生には高校生時代のような「クラス」はなく、「ゼミ」に入ります。 ゼミの仲間は同じテーマを学...

実力テスト(中3)の勉強法とは?定期テストを見直そう!

中3の実力テストはどのように勉強をしたらいいのでしょうか?中1や中2のときとは勉強法を変えていかなけ...

小学校の担任の先生がひどいと感じた時の対応の仕方

小学校の先生にとてもひどい所があると感じたことはありませんか?親なら先生の事を疑ってしまうこともあり...

幼稚園の個人面談でされる質問内容は?事前準備が大切!

幼稚園や保育園などで個人面談が実施される場合がありますが、何を質問されるのかと緊張してしまいますよね...

学校へ行きたくないというのは甘えにになるのか検証

子供が突然「学校に行きたくない」と言い出したら親としては心配だし、戸惑ってしまいますよね。 「...

悩んでしまう中学校の同窓会の服装選び、選ぶポイント解説!

中学校の同窓会の案内状。出席はしたいけど着ていく服装がない!ってことよくありますよね。 もしか...

スポンサーリンク

センター試験は合格だけど受験には失敗、浪人せずに私大に行った理由

受験に失敗しても、浪人せずに入れる私大に入学した人も大勢いることでしょう。
ではなぜ浪人するという道を選ばなかったのでしょうか。

浪人は体力的にも精神的にも難しかったから

浪人をすると生活のほとんどを勉強することに費やす事になります。
ただでさえ受験勉強で猛勉強をしてきたのに、さらに一年間猛勉強をするという環境はかなり苦しいものになるでしょう。

しかも高校生のころとは環境が変わり、一緒に勉強を頑張るのは予備校など塾の仲間のみになりますから、さらに精神的にも疲れてしまいます。

第一志望に合格する事を目標に毎日勉強のことを考えて暮すのは体力的にも精神的にもかなり消耗してしまうでしょう。

経済的な面で浪人できなかった

浪人すると一人で勉強のは難しく、予備校や塾に通うことになると思います。
しかし、その費用はかなり高額であり、親がその費用を負担することになるのです。

親に負担をかけないためにも浪人をしないと言う選択を取る人もいます。

センター試験って失敗することを前提で受けよう!浪人はツライ

センター試験はそもそも失敗する事を前提に受けた方が良いでしょう。

センター試験は滑り止めを確保するための試験と思い、もし失敗しても落ち込みすぎる必要はないのです。

もちろんセンター試験は一番最初に受ける受験のテストですから、上手くいかなければ落ち込むのは分かります。

しかしセンター試験よりももっと大切なのが志望大学の一般試験なのです。

大学の一般試験は重要であると同時に入りやすい試験です。

ですので、センター試験で失敗したからといって落ち込まず、一般試験の勉強を頑張る事を優先させましょう。

そもそも大学受験は不公平な戦いで、今まで育った環境も大きく関わるのです。

幼少期の教育や教育費にかけられる親の経済状況、高校のレベルなど要因は様々あり、あなたの努力ではどうにもならない場合もありますのであまり落ち込まないでください。

センター試験に失敗した私が選んだ道とは?浪人ではなくレベルを落とすこと

センター試験に失敗した時の選択肢

第一志望を受験する

誰もが出来れば第一志望を受験したいと思っているはずです。
もしセンターに失敗しても、自分の能力を信じられる人は第一志望に挑戦することをお勧めします。

滑り止めに私立を受けることも出来ますし後期日程もありますから、センター試験から気持ちを切り替えて志望校の二次試験対策に取り組んでください。

国公立のレベルを下げて受験する

もしセンター試験で思うような結果が出なかった場合、この選択肢を取る学生は多くいることでしょう。

学費の問題もありますし、国公立大学にどうしても行きたいと言う人は無理な挑戦をせずに取るべき選択肢でしょう。

そしてこの場合はなるべくセンターの配点率が低く、二次試験の配点が高い大学を受ける事が大切です。

どちらの場合でももっとも大切なのは受ける大学に対して強い思いを持つ事が重要です。

センター試験に失敗、凹むのはわかるけど浪人せずに入れる大学へ行くのも人生

センター試験で失敗した時の落ち込むとかなり落ち込むことは間違いないです。

今まで第一志望の大学に入学するため必死に勉強してきたのに、センター試験の失敗で全てが台無しになってしまうのですからそれは絶望するでしょう。

応援してくれた先生や家族、友達にも合わせる顔がなく、かなり落ち込んでしまうでしょう。

しかし、なにも受験勉強でそこまで落ち込むことはないのです。
高校生のときは大学生活は華やかなもので、大学受験に合格する事しか目に見えてなかったと思います。

ですが実際に大学自体にそれほどの価値はないのかもしれません。

大学生活が楽しいものになっているのは、友人関係やサークル・恋愛などが主で、どこの大学に行くのかで大きく変わるものではありません。

大学に行ってどのように過ごすかで生活の充実さは変わるのです。

センター試験に失敗して浪人を選んだボクからのメッセージ

センター試験に失敗したからといって人生に絶望していてはもったいないです。

どの大学に行くのが重要なのかではなく、もっとも重要なのは、行った大学で何をしたのかということです。

もちろん大学名は就活では影響してくるかもしれません。
しかし、医者や獣医などの資格が必要な職業だと受験からやり直すことにはなりますが、ある程度の職業ならば大学名よりも人柄を重視してくれる企業もたくさんあります。

就活を乗り切ってしまえばどうってことはありません。

社会人になってからだどこの大学出身だったのかなどはあまり大きな影響はありませんよね。

ですので、もっとも大事なのはどこの大学へ行っていたのかではなく、大学で何を経験してきたのかが一番注目すべき点なのです。

行きたい大学に行けないからといってコンプレックスを抱くことはあるかもしれませんが、センター試験の失敗を引きずるのではなくもっとその先を見て選択してみてください。

 - サークル/部活/学校