探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

1歳児の夏のお出かけの過ごし方とおすすめスポット

2018.7.17

子供が1歳になると、ある程度言葉の意味がわかり、お出かけするのも少し楽になりますよね。

しかし暑い夏に公園へ出かけるのも、日差しが強く断念することもありますよね。

そんなママ達へ先輩ママの意見を参考に、おすすめスポットや注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

1歳半の男の子の言葉トレーニングのコツやポイント

1歳半の男の子でまだ言葉がでてこないときには、どんなことが考えられるのでしょうか? 女の子のほ...

8ヶ月の子供を保育園に預ける場合の服装に注意しよう

子供を保育園に預けることになると、保育園に置いておく服が必要になります。8ヶ月の子供の場合保育園では...

人見知りの子供5歳児のために親ができる克服する方法

子供が5歳児で極度の人見知りだったりすると、親は心配になってしまいますよね。 では、5歳児の子...

子育ては疲れる!3歳の子供の成長と子育ての辛さを乗り切る方法

子育て真っ最中のパパやママの中には、3歳のお子さんの子育てに疲れを感じている人もいますよね。3歳の頃...

【5ヶ月の赤ちゃん】寝返りの目安としないときの練習法・注意点

毎日一生懸命に子育てをしているパパ・ママ、いつも頑張っていますね!赤ちゃんの成長というのはとても早い...

10週目頃から赤ちゃんは動く?気になる胎動について

赤ちゃんが動くのは妊娠してからどのくらい?早い人は10週目頃から赤ちゃんが動いているのを感じる人もい...

2歳児が保育園に入園する時に必要なものはコレ!

保育園になかなか入れないという待機児童問題は、働く親にとっては深刻な問題ですね。 2歳児の場合は、...

10ヶ月の赤ちゃんの夜泣き対策。昼寝のタイミングを変えてみて

10ヶ月頃から急に赤ちゃんが夜泣きをするように・・・。あまりにも何回も起こされて睡眠不足でイライラし...

外出先であげる離乳食、6ヶ月の赤ちゃんならこれがおすすめ!

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出掛けで、一番悩むことと言えば離乳食ですよね。 今まではミルクの...

スポンサーリンク

1歳児のママへ質問!夏にお出かけするのは、どこがおすすめ?

  • 我が家には1歳3ヶ月の子がおりますが、暑いし疲れるので、公園とかは一切行ってません。夕方は蚊がすごくて刺されるので、たまに庭で水遊びする程度です。

このように言うと親の都合で子供が可哀相だし、子供は外で元気に思いっきり遊ばせてあげるべき!と言われてしまいそうですが、罪悪感は全くありませんし、毎日お部屋でいろんなことを考えて楽しく遊んでいますし、楽しむこともできます。

  • 1歳半の娘がいて朝早く起きて外へ行きたがる為、我が家ではまず8時半~9時半に1時間程度散歩をさせます。
    そのあとお昼をするので、午後は日差しも強く、日焼けも気になり体力も消耗してしまうことを考え、屋根のある遊び場に出かけ1時間遊ばせています。 もし涼しいかも?と感じた時には夕方公園で遊ばせることもあり、午後の暑い時間はベランダで水遊びをさせると大満足しています。

1歳児の夏のお出かけの時にあると便利なグッズとは?

小さな子を連れて外へお出かけする時やお泊まりする際には、脱水症状や日焼け対策などさまざまな工夫や対策をしているママも多いかと思います。

そんな時にこれを持っていくと、便利だった!と言うグッズなどをご紹介していきたいと思います。

1歳の子供と車でのおでかけにあると便利なもの

  • 携帯用トイレ
    子供はさっきおしっこした場合でも急におしっこと言うことがあるので、止まれない高速道路や渋滞時に携帯用トイレがあると、とても役に立ちます。
  • お気に入りの音楽や動画のDVD
    長時間の外出時には、退屈することが予測されまさに退屈しのぎの救世主

その他にも、おやつや飲み物、寝てしまった時のタオルケットなどあると便利ですよ。

1歳の子供とお泊りで出かける時にあると便利なもの

  • 防水おねしょシーツ
    まだトイレトレーニングがままならない場合は、小さめサイズのものを1枚持っていくと泊まり先の布団濡らすことなく安心できますよ。
  • 薬や保険証・母子手帳や体温計
    いざと言いう時の為に用意しておくと緊急時に役にたちます。
  • 迷子防止グッズ
    今はいろんな種類のものがありますので、お子さんにあったものを。

1歳の子供と夏のお出かけは○○動物公園がイチオシ!

暑い夏に、小さな子供を連れてどこか思いっきり遊ばせる場所へ行きたいけど、大人としては日陰のある場所で休めることもあると、嬉しいですよね!

せっかく行くなら、プールと、遊園地と動物園が併設した複合型テーマパークにお出かけしてみてはいかがでしょう!

埼玉県にあるテーマパークとなっていますので、インターネットでアクセス方法や入場料などを調べて是非行かれてみたはいかがでしょうか。

ここでは、小さなお子さんでも全部のテーマパークを楽しむことができますよ。

またイベント情報からはお得なサービスなども掲載されてますので、併せてご覧になってみてはいかがでしょうか。

夏の暑い日でもおすすめの室内でも楽しめる場所はココ!

東京スカイツリータウンの中にある、子供達が大はしゃぎして遊べる場所が盛りだくさん!
暑い夏、ここで過ごす親子をたくさん見かけます!
昔懐かしい銭湯をイメージし、楽しい仕掛けがさらに増えたようです。

また、ママやパパには嬉しい休憩できる場所もあります。
お買い物がてら、遊びを楽しむことができます。

さらには、楽しみながら仕事が体験できるテーマパークが東京都の江東区にあります!
子供が将来なりたいと思う、職業体験ができリアルな仕事やお給料などをもらうことができ、その数はなんと100種類以上も!真剣に取り組む子供の成長体験を目にすることができますよ。

暑い夏、どこに行こうかと迷うことがある時にはここはおすすめの場所です!
是非、検討されてみてはいかがでしょうか!きっと親子で満足すること間違いナシでしょう。

暑い夏、子供を外で遊ばせる時の注意点

夏の外出では、日差しが強いこともあり紫外線はできるだけ防ぎたいもの。
ママはもちろん小さなお子さんにも、紫外線対策は必要です。
特に時間帯を考えると、一番紫外線の強い時間帯は11時~14時です。
できればこの時間帯は、極力避けるようにしましょう。

またお出かけの際は帽子はつばの広いものをかぶり、顔を紫外線からしっかり守るようにしましょう。
もし子供が帽子を嫌がるようでしたら、タオルやバンダナなどをするようにして日差しが当たらにように工夫をしてあげましょう。

最後に一番重要とも言える、水分補給を取り休憩は必ずするようにしましょう。
汗をかいた分、しっかり水分をとり休憩をしましょう。
遊びに夢中になるとついつい忘れてしまいがちですが、脱水症状にならないようにする為にも意識して水分補給を心がけるようにすることが必要です。

紫外線対策の帽子や水分補給の他に、凍らせたタオルなどがあると、さらにほてった体をひんやりさせることができますので、ひとつ持っていくととても便利で役にたちますよ。

 - ベビー/子育て