探してたことが見つかるWEBマガジン

探してたことが見つかるWEBマガジン│ファインドクリップ

10週目頃から赤ちゃんは動く?気になる胎動について

2018.11.1

赤ちゃんが動くのは妊娠してからどのくらい?早い人は10週目頃から赤ちゃんが動いているのを感じる人もいるようです。

では、赤ちゃんが動くのはどんなときなのでしょうか?また、赤ちゃんが動く様子はどんな感じ?なかなか、表現することがむずかしい胎動ですがお腹の中でこんな動きをしているのかもしれませんよ。

胎動をよく感じる時間帯や、胎動が激しいときの対処方法などを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

幼稚園の親子遠足に父親が参加してもOK?メリット・デメリット

幼稚園の行事に親子遠足がありますよね!幼稚園の行事には母親が参加することが多いですが、父親が参加する...

保育園の登園時間は何分前までに到着すべき?逆算して余裕を!

保育園に預けるときいつも登園時間ギリギリになってしまうという方も多いのではないでしょうか。 そ...

子供のための貯金ができないなら〇〇だけは貯めておこう

子供のための貯金は子どもが大きくなればなるほどできないってホント? 一番いいのは、生まれたとき...

1歳半の男の子の言葉トレーニングのコツやポイント

1歳半の男の子でまだ言葉がでてこないときには、どんなことが考えられるのでしょうか? 女の子のほ...

旦那の仕事が激務で育児は不参加!辛いけど乗り切るしかない

せっかく子供が生まれたのに旦那は仕事が激務で、育児どころか子供の顔をのんびり眺めている暇もないほど。...

離乳食に人気のバナナは炭水化物や栄養がとっても豊富!

赤ちゃんの離乳食やおやつに欠かせないバナナは、炭水化物が豊富で他にもたくさんの栄養素が詰まっています...

切迫早産で入院したら太る?太らないために体重コントロールを!

切迫早産で入院することになってしまったら太るのではないかと心配になりますよね。 病院に入院して...

子供の昼寝の時間が長い!昼寝の時間を調整して規則正しい生活を

規則正しい生活を送るためには、子供のお昼寝の時間はとても大切になります。 お昼寝が長いと感じて...

運動の苦手を克服!お子様への親のサポート方法

お子様が運動が苦手で、克服させたいと思っているママは多いでしょう。運動が苦手なのは遺伝なの? ...

アトピーの赤ちゃんに使う洗濯洗剤、選ぶポイントをご紹介

アトピーの赤ちゃんには、一般的な洗濯洗剤はあまりおすすめしません。 お肌に優しい、刺激の少ない...

子供が高熱でピクピクする!痙攣を起こしたときについて

子供が熱を出したら心配で仕方がないですよね。 熱が高くなってくるとピクピクしたり幻覚が見えてい...

旦那に育児の手伝い、どう求める?感謝の気持ちを忘れずに

旦那に育児や家事の手伝いをして欲しい!でも、どうすればスンナリとうまくいくのか? 旦那に育児や...

妊娠初期の出血は大丈夫?8週目で出血した時に考えられる原因

妊娠初期の頃に出血してしまうと、何か良くないことが起きているのではないかと心配になってしまいますよね...

幼稚園の延長保育を利用し仕事をする時に知っておきたい事

近年では共働きをしている家庭も多く、幼稚園の園長保育を使って仕事をしている家庭も多いと思います。 ...

祝日が仕事でも保育園は休園!どうしたらいいのかを調査!

様々な理由で子供を保育園にあずけているママやパパはたくさんいます。 職種によっては、祝日でも仕...

スポンサーリンク

10週目から赤ちゃんが動くのはこんなとき

おなかの中で赤ちゃんは様々な動き方をしています。
妊娠初期はまだ胎動は感じませんが、実は結構大きく動きまわっているのです。

赤ちゃんはおなかの中で手足をバタつかせていたり、身体をねじったりと様々な動きをしています。

10週ぐらいから始めていますが、15週~20週くらいになると、赤ちゃんがキックをしたりパンチをしている様子が分かりやすくなってくるのです。

赤ちゃんは生まれてくる時のために肺呼吸の練習もしており、後期になるとしゃっくりをしているのを感じることもあるようですよ。
「ピクッピクッ!」と痙攣のような胎動を感じるようです。

そして何か大きな音が合ったときも赤ちゃんも大きく動きびっくりする事もあります。

徐々におしっこもするようになります。
おなかの中の羊水を飲んで排泄する事で、消化器官の機能を発展させているようです。

このような動きをおなかの中で行うことで、生まれてきた時のための練習をしているのです。

10週後半には赤ちゃんが動くのがさらにわかりやすく

妊娠10週になると、骨や筋肉が形成されてきます。

大きさとしては身長はだいたい3~5センチくらいで、体重は5~12gと言ったところでしょう。

神経も発達して赤ちゃんの動きもさらにスムーズに動けるようになります。

歯の発達も見られ、乳歯の芽や爪、髪の毛も作られてきます。

軟骨もどんどん硬くなって丈夫になり、頭も支えられ背骨も伸びてきます。
指先の軟骨も硬くなるので、指一本一本も見れるようになってくるのです。

赤ちゃんが健康に成長するためにも、バランスの良い食事を取るように心がけてくださいね。
偏った栄養バランスにならないように、カルシウムやたんぱく質、ビタミンCなどを積極的に取るようにしましょう。

まだつわりのある妊婦さんもいますので、食べれるものは食べてあまり無理はしないようにしてくださいね。

10週目は胎動に気がつきにくい?赤ちゃんが動くのはどのくらいから?

赤ちゃんはお母さんが気づかないだけで結構前から動いています。

大体8週目くらいにはもう赤ちゃんの筋肉は発達しているので自分で動いているのです。
子宮も広いので好きなように動く事ができるのですが、あまりの小ささからお母さんはまだ気づく事ができません。

大体胎動が分かってくるのは18~22週前後の場合が最も多いでしょう。
大体5ヶ月~6ヶ月と言えます。

胎動がわかるようになると赤ちゃんがおなかの中にいる実感がわいてきますよね。

初めて胎動を感じたときは、腸が動いていると感じる人が多いようです。
赤ちゃんが動いたとは思えないようななんともいえない感覚でしょう。

最初は腸が動いているだけかと思いますが、やはり何かちょっと違った感覚なので、これが胎動なのかと初めての妊娠の人でも気づく事ができるはずです。

赤ちゃんが動くときにはどんな感じがする?

赤ちゃんが動くときの感覚は様々なものがあります。

おなかが「ポコポコ」するのを感じるときがあるでしょう。
最初はおなかの中でガスが動いていると感じる人もいますが、これは赤ちゃんが手足を動かして子宮の壁を叩いているのです。

後期になるにつれてこの力は大きくなり感じやすくなることでしょう。

そして「グニュッ」とした感じも感じると思います。

赤ちゃんが大きくなると、手足を伸ばし、子宮の壁を押すこともあります。
そのためお腹の内側から強く押されているような感覚を味わうことでしょう。

この感覚も赤ちゃんが大きくなるにつれて強くなっていきます。
外からも赤ちゃんの手足の形が分かることもありますので楽しみですね。

ほかにも「グルンッ」といった感じの胎動を感じることがあると思います。

これは赤ちゃんが子宮の中で回転をしているのです。
妊娠中期であれば子宮の大きさに余裕があるので回転をしているのです。

大きくなるとどんどん子宮の中は狭くなってくるのでこの胎動は感じられなくなります。

赤ちゃんが動くのは元気なしるし?胎動について

赤ちゃんの胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠ですので心配することはありません。
赤ちゃんの性格によって激しく動く赤ちゃんもいればそうでない赤ちゃんもいます。
胎動の感じやすさもお母さんの子宮や胎盤などの体質によって影響してくるものなので特別心配することはありません。

胎動はお母さんがリラックスしている時に感じやすいようですね。
寝る前に良く感じるという人がいますが、それはリラックスしている状態で胎動に集中しやすいのでしょう。
実際には日中にも結構活発に動き回っていますよ。

もし胎動によってお腹が痛い場合は、お腹をさすってあげると良いでしょう。

さすってあげる事で足を引っ込めてくれることもあるようです。

寝る時は仰向けよりも横向きに寝たほうが自分の身体にとっても赤ちゃんにとっても楽な姿勢になりますのでお勧めです。

 - ベビー/子育て